1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

近年、増え続ける共働き世帯

「男は外で働き、女は家を守る」と言われていた時代は、もう古いという風潮になりつつあります。

時短・テレワークを活用して働くママは時間的な制約も多く、通販へのニーズが増えていると推測できます。

そんな中、ネットで話題にあがるのが

既婚有職男性の約8割は平日・休日ともに家事を1時間もしない

一般社団法人ストレスオフ・アライアンス調査

「俺のほうがお金を稼いでいるのだから、家事を要求して当然」という態度に出る男性

SNSで批判の声が相次いでいる

10年前に「俺の給料を超えたら主夫をやってあげるよ」って言われて、ものすごく腹が立ったんです。

稼いでる方が家事の分担少なくていいのは理解できるけど…なにがダメなんかな? あと稼いでても時間ある方がしたらいいんじゃないの…? #ノンストップ

夫婦で、稼いでる方が家事やるとか、やらないとかの話をツイッタで見かけたけど、時間があって、やれる方がやればいい話で、収入で夫婦に優劣があるみたいな価値観が自然に出てくる人多いんだなと見てて思う。そんな夫婦一緒にいる意味あるんだろうか。

お金稼いでる方が偉いというモラハラ。でも働かなくていいという矛盾。言い方の問題?家事育児馬鹿にしてきたのに?感謝してるけど稼いでる方が偉いからって色々使われるとさすがに言うよね

奥さんが家事を頑張ってくれてるから安心して働けるってのに、なんで旦那の方は働いてお金を稼いでる方が偉いとか言っちゃってるんでしょうね。

とまらない家事格差への不満

共働き夫婦が担う家事(炊事、洗濯、掃除)の平均時間(1日)は夫が14分、妻が180分。

総務省の「社会生活基本調査」(2016年)

実に約13倍の開きがあります。家事関連時間(家事に加え、介護、看護、育児、買い物を含む)は夫が39分、妻が258分で約7倍差

また夫が気づきにくいのが・・・

洗濯する前の「洗剤の詰め替え」や、掃除した後の「掃除機のごみ捨て」、また「シャンプーの交換」や「子どもの服の用意」など

「洗濯物を干す」「掃除機をかける」といった代表的な家事のほかに、「買ってきたものをしまう」「ティッシュの空き箱を捨てる」「タオルを取り替える」などのちょっとした家事のこと

「ほとんど妻が担当」という答えが最も多い割合になったのは年収差「301~400万円」の世帯で、54.5%。

1 2