1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

国際大会で初優勝..フィギュア「本田紗来」の大活躍に絶賛の声

オランダで開かれたフィギュアスケートの国際大会チャレンジカップで優勝した「本田紗来」に注目が集まっています

更新日: 2019年02月27日

13 お気に入り 47417 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

オランダで開かれたフィギュアスケートの国際大会チャレンジカップで優勝した「本田紗来」に注目が集まっています

solmesさん

▼紀平梨花が逆転優勝して注目された「チャレンジカップ」

フィギュアスケートの紀平梨花(16)が、2月24日オランダで開かれた国際大会チャレンジカップで優勝

チャレンジカップ(英語: Challenge Cup)は、オランダのハーグで開催されるフィギュアスケートの国際競技会。

フリーではトリプルアクセルを成功させて141.90点をマークし、合計208.34点で逆転優勝、3月20日から、さいたまスーパーアリーナで行われる世界選手権へ向けての前哨戦を最高の形で終えた。

▼男子は山本草太が優勝

フィギュアスケートのチャレンジ・カップ(オランダ・ハーグ)で優勝した男子の山本草太(19)

16年ユース五輪で優勝するなど、ジュニア時代から注目を浴びてきたがその後、右足首の負傷が続き、手術を繰り返してきた。長年の苦労を乗り越えての優勝に「練習してきたことがやっと出せた。自信にしてもいい」と話した。

▼そしてアドバンスドノービスでは本田紗来が国際大会で初優勝

本田紗来、国際大会初Vをつかんだ圧巻のジャンプセンス 軸傾いても連続へ (デイリースポーツ) daily.co.jp/general/2019/0… 「いつか真凜お姉ちゃんみたいに世界で活躍できる選手に」と話す11歳が、トップスケーターへの大きな大きな一歩を刻んだ。 pic.twitter.com/AAtRE6FTFK

フィギュアスケートのチャレンジ・カップのアドバンスド・ノービス女子の部で優勝した本田紗来(11=京都醍醐FSC)

・2位と20点以上の差をつけての圧勝

11歳・本田紗来 国際大会初V!3回転ジャンプ6本着氷、2位に20点以上差付け圧勝(スポニチ) sponichi.co.jp/sports/news/20… pic.twitter.com/9U3DQBxbyk

冒頭の3回転ルッツ―3回転トーループなどは回転不足を取られたものの2回転半―3回転トーループは成功するなど全て着氷。滑り終えると小さくガッツポーズも出た。合計得点で2位に22・91点の大差をつけて圧勝した。

ピンクの衣装を身にまとい、キュートな滑りで見る者を魅了。表現力などを示す構成点ではただ1人、35点台をマークし、他を圧倒した。

▼本田兄妹の末っ子・本田紗来選手とは

本田 紗来(ほんだ さら、英語: Sara Honda, 2007年4月4日 - )は、日本の子役、フィギュアスケート選手(女子シングル)。京都府京都市伏見区出身。オスカープロモーション所属。

2016年3月に行われた『第14回京都市民総合体育大会スケート競技会・第63回京都府スケート選手権大会B級幼年女子』で優勝を果たす。

2018年度からは、ノービスAへ。1年目ながら、初めての国際大会で2位入賞という快挙を成し遂げたほか、近畿ブロックでは遂に100点越えの100.74点をマークした。

▼そして帰国した先輩・紀平梨花とインタビューを受けた本田紗来

#フィギュアスケート 紀平梨花選手と本田紗来選手が国際大会を制しオランダから帰国しました。関西国際空港に詰めかけた大勢の報道陣を前に、2人は金メダルを手に笑顔を見せました。紀平選手は来月20日からさいたま市で開幕する世界選手権に挑みます。(健) #figureskate pic.twitter.com/3HlYvu0oYc

本田紗来(11)=京都醍醐FSC=が26日、関西空港着の航空機で帰国した。

空港で出迎えた多くのテレビカメラと報道陣に「こういうのは初めてなんですけど、テレビですごい選手の人たちが帰ってきたときに見たことがあります」とニッコリ。

1 2