1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【衝撃】レアルCL4連覇に暗雲、口の災いから厳しい処分が待ち受ける!!

レアルマドリード主将セルヒオ·ラモスがCL出場停止になるかもしれない。。

更新日: 2019年02月28日

1 お気に入り 1250 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s.n.24さん

重い判断を下す

レアルマドリード主将DF
スペイン代表

欧州サッカー連盟(UEFA)が26日、レアル・マドリーに所属する32歳のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが意図的にイエローカードを受けたと判断した。処分内容は現地時間28日に発表される予定となっている。

出場停止が濃厚に!!

なぜそうなった!?

13日のレアル・マドリーが2-1で勝利したチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのアヤックス戦で、試合終了間際にS・ラモスはイエローカードを提示された。この警告で、累積により3月5日のセカンドレグへの出場停止が決まった同選手だが、試合後に「意図して警告をもらっていないといえばウソになる」と故意にもらったイエローカードであったことを示唆するコメントを残していた。

不用意な発言をした。。

後から火消しに走ったが···

この発言はメディアでも取り沙汰され、S・ラモスはその後自身のSNSで「わざとカードをもらってはいない」「故意ではなかった」と強調。だが、スペイン・メディアではS・ラモスがベンチにカードを狙いにいくか尋ねる様子も映像で報じられた。

今更遅い!!

処分の内容

そしてUEFAが調査を行った結果、S・ラモスが意図的に警告を受けたことが認められたという。アヤックスとの決勝トーナメント1回戦第2戦に加え、レアルが勝ち進んだ場合は準々決勝第1戦も出場停止となるようだ。

レアルマドリードは痛手!!

前例があった。。

レアルマドリードのサイドバック
スペイン代表

UEFAは昨シーズン、レアルのDFダニエル・カルバハル(Daniel Carvajal)に対し、同様の行為で2試合の出場停止処分を与える前例をつくっている。

前例もレアルマドリードの選手。。

ラモスは素晴らしい選手だが不名誉な記録も···

ファン

セルヒオ・ラモスは試合後のインタビューではっきりと「わざとイエローカードを貰って累積消化したよ」なんて言っちゃってる(その後それをつっこまれて誤魔化してたり、指摘されて発言取り消してたけど)のに、コンドグビアより軽い処分ってのは納得行かない。

ラモスの処分は当然だろ なんか擁護してたキチゲェおったけど

レアル・マドリー アヤックス戦で“故意にイエローカードを受けた”とされているラモス 最低でも1試合の停止処分、28日に正式に言い渡される‼️ sport-japanese.com/news/id/22400 #スポルト #レアル・マドリー #セルヒオ・ラモス #アヤックス pic.twitter.com/Q9dpCXK4NQ

"S・ラモスがベンチにカードを狙いにいくか尋ねる様子も映像で報じられた。" もはやラモス個人だけの責任ではなくチームそのものに過失があると思うので、マドリーは失格処分で良いと思います S・ラモスの「故意のイエロー」をUEFAは見逃さず! CL2試合出場停止の前例も… soccerdigestweb.com/news/detail1/i…

1