1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

GACKTだけじゃない…あのイケメン俳優の高校生役が似合いすぎ!

「翔んで埼玉」のGACKT様はまさかの高校生役…見事な演技が大反響!ほかにも野村周平さん、薮宏太さん、そして本郷奏多さんも…イケメンたちが体当たりで挑んだ高校生役とは!?テンション上がりながら、まとめてみました。

更新日: 2019年02月28日

4 お気に入り 29392 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

制服が似合いすぎている…年齢関係なく学生役を見事に演じられています!

critical_phyさん

なんと29歳差…GACKTさんが高校生役で出演した「翔んで埼玉」が話題に!

ミュージシャンのGACKTが、映画『翔んで埼玉』(公開中)に高校生役で出演し、反響を呼んでいる。女優の二階堂ふみと共に主演を務めるGACKT。1月に行われたジャパンプレミアでは、高校生役と聞いた当初オファーを「即答で断った」と明かしていた。

しかし元々ファンだった原作者から指名を受けたこと、相手役の二階堂ふみに魅力を感じたことからオファーを受けたと明かしました。

22日の初日から3日間の動員は24万8000人、興行収入は3億3100万円。地元・埼玉県は、都道府県興行収入で東京都を抑え1位となった。劇場別でも、MOVIXさいたま(さいたま市大宮区)が全国1位を獲得した。

これは気になるぞ…野村周平さんが難病に侵された高校生役を演じるってよ!

1月19日からスタートしたドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』(テレビ朝日系)で、主人公を演じている野村周平。

芸能界デビュー前はスノーボード選手として活動し、数多くの大会で受賞。2009年、アミューズ全国オーディション2009「THE PUSH!マン〜あなたの周りのイケてる子募集〜」で、応募者31514名の中からグランプリを受賞し、アミューズに所属。

11年には「高校生レストラン」「探偵はBARにいる」「天国からのエール」などの映画に出演し、NHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」(12)や、TVドラマ「35歳の高校生」(13)で注目を集める。

高校生の淡い恋を描きながらも、一方で“命”という大きなテーマに真正面から向き合った本作。迫りくるタイムリミットに悩み苦しみ、必死に運命に抗おうとする野村の静かな演技が好評を博している。

同じ土曜深夜にお台場方面のドラマでも“三枚目”の潔癖症男性を演じていた彼、あの時もうまいなと思ったが、オラオラ系よりこういうちょっと引いた演技により魅力を感じる。

「心臓病を抱えているという設定もあるので、体の管理は後半になればなるほど計算して行わなければいけないと思っています。この作品はただのキラキラした物語ではないので、そういう部分も踏まえてきちんと逆算して調整していきたいです」

僕の初恋をキミに捧ぐ見てるけども、野村周平、ちゃんと高校生にしか見えんのヤバくないか?すご。。

ストイックに役作り…薮宏太さんの高校生役にかける思いが熱い!

2004年、テレビドラマ『3年B組金八先生(第7シリーズ)』に出演。八乙女光、鮎川太陽とともに「金八トリオ」として第8回日刊スポーツドラマグランプリ・最優秀新人賞を受賞。

フジテレビ系ドラマ『任侠ヘルパー』、日本テレビ系ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』、舞台『40カラット』などに出演。

「Hey! Say! JUMP」の薮 宏太が、10年ぶりの主演舞台となるミュージカル「ハル」に挑む。病を乗り越えてボクシングに挑戦し、生きる希望や意味を見出そうともがく主人公の青年・ハルを演じる。

実年齢との差を埋めるため、「これまでアンチエイジングなんんてやったことなかったんですよ」と笑いながら「顔パックをやっています」と秘密を明かした。ボディーメークのためにボクシングジムに週1回、それ以外にもルーティンとして週に2回はジム通い。

「体脂肪一桁」が目標だそう。「楽屋で着替えるとき、メンバーが『腕太くなったんじゃない?』『しまってきたね』と言われるとモチベーションになります」とうれしそう。

そうか、薮ちゃん高校生役か、、、 29歳でもまだいけると判断された薮宏太つよい

もはや伝説…本郷奏多さんが一風変わった高校生役に挑みます!

映画『リターナー』において、俳優デビュー。2005年、映画『HINOKIO』で、14歳で初主演を果たし、同年にTBSで放送されたドラマ『あいくるしい』では、虹色の戦士の1人で主要人物である南雲愁役を演じ、クールな演技で話題になった。

漫画原作ものでは、彼だからこそ出せる雰囲気や演技でオリジナルの良さを踏襲したキャラクター像を作り上げることで定評を集め、“2.5次元俳優”と言われるなど、独自のポジションを築き上げてきた。

「なぞの転校生」や「弱くても勝てます 青志先生とへっぽこ高校球児の野望」(14)、「アカギ」(15)、「ラブホの上野さん」(17)など話題のTVドラマでも活躍する。

1 2