1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

いま大ヒット中の実写映画

30年以上を経て2015年12月に復刊され、2017年7月には累計発行部数62万部突破というまさかの大ヒットに

「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ!」などの埼玉への徹底的な(愛ある)ディスりが話題に。

魔夜峰央の「翔んで埼玉」がW主演に二階堂ふみ、GACKTを迎えて実写映画化され、19年2月22日(金)に公開

全埼玉県民も号泣の快挙?世界大ヒットの話題作を退けて『翔んで埼玉』が堂々の首位スタート! news.walkerplus.com/article/180777/ pic.twitter.com/gHSZ17UO9O

驚きの結果と言っていいだろう。先週末の映画動員ランキングで初登場1位を飾ったのは、土日2日間で動員19万1000人、興収2億5900万円をあげた『翔んで埼玉』。

本作の興行を牽引したのは、ナンセンスなコメディでありながらも作中で屈辱的な扱いを受けている「埼玉」県の観客。

翔んで埼玉は笑いっぱなしだった。笑いすぎて顔が痛い。あれを真剣に作った制作の皆さんすごい

翔んで埼玉が面白すぎた。 思い出し埼玉してしまう。。。

かねてから話題になっていた・・・

「田舎」「ダサい」など、何かとネガティブなイメージで揶揄されがちで、現在公開中の映画「翔んで埼玉」でも舞台となっている

どうやら「ダサい」と「さいたま」を組み合わせた言葉で、あの大物司会者タ○リさんが言ったことによって広まったらしい。

全国ブランド調査では・・・

2018年の埼玉県の愛着度や自慢度はどのような結果だったのか。愛着度については昨年の最下位を脱出したものの46位。

風光明媚な田舎にもコンプレックスがあり、東京のような大都会にもコンプレックスがある

40代女性:海もない上、その代わりとなる自然もたいしてない

1 2