1. まとめトップ

実は泥臭いプレイヤー…!!「デイヴィッド・ベッカム」のプレーを今更知る。

今更ながら我らのスーパースター「ディビッド・ベッカム」について顔(男前)だけじゃない、熱いプレイスタイルについてまとめてっみました。

更新日: 2019年03月25日

1 お気に入り 4795 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

魁堵さん

「ディヴィッド・ベッカム」とは?

本名:デイヴィッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム
国 籍:イングランド
生年月日:1975年5月2日(現在43歳)
身 長:183cm
体 重:74kg
利き足:右足

マンチェスターユナイテッド、レアル・マドリー、ロサンゼルス・ギャラクシー、ACミラン、パリ・サンジェルマンという超BIGクラブを渡り歩いてきた孤高の天才ベッカム。

ベッカムと言えばFKがフューチャーされがちなイメージではあるが、プレースキック精度、クロス精度などが一番持ち上げられる。

だが彼の本当の代名詞は「ハードワーク」という卓越したプレスによる献身的な姿勢が一番のサッカーファンを魅了するのだ。

彼の「泥臭い」プレーとは?

派手なイメージとは真逆といってもいいプレースタイル

特別フィジカルなどに優れているわけでもなく目立つ部分は多くないけど、派手なイメージとは真逆といってもいいプレースタイルで、実は労働タイプというか、運動量もめちゃくちゃ多くてハードワークする選手。ユナイテッドでも、走行距離はベッカムが1位という試合がけっこうありました。

ベッカムがすごいのは、この容姿でこの実力という事 プレーにもカリスマ性を感じる twitter.com/LaLigaJP/statu…

チームメイトから評価されたのは誰よりも走る泥臭さ

華やかな見た目とは裏腹に泥臭い部分を誰よりも一生懸命でやる姿がチームメイトから評価されていたベッカム。得点シーンに絡むフリーキックやクロスにスポットが当たりますが、ボールがない時の動きが素晴らしい。顔に似合わず誰よりも走ってチームのピンチの目を摘んできてました。それを物語る数値があります。

一般的な選手で約11kmくらいと言われている中で平均14km

驚異的ですよね。しかも平均ですから。ちなみに走らない選手と言われているメッシは7〜8kmほどだそうで、約2倍の距離を走ってるんですね。足は決して速い訳ではなく、むしろ遅いくらいのベッカム。ドリブルテクニックで選手を抜いていくようなタイプでもないけど、これだけ走ってくれる選手はチームには欠かせません。実は、この誰よりも走るところがベッカムが試合に出続けていた要因だったりするんですね。端正なマスクなのにユニフォームを汚して走り続けるベッカムがとっても好きでした。

イングランド代表、クラブチームでも幾度となくハードプレスによるカードは、本当に献身的でした。

ベッカムは毎試合献身的な姿勢と労を惜しまないプレー

特徴は並外れたキック力とフリーキックからの得点のほか、チームメートへのアシスト能力の高さも忘れることはできない。右足からのキックだけではなく、ベッカムは毎試合献身的な姿勢と労を惜しまないプレーを見せた。

どこの位置で「ボール」を持っても、フィールド全体を上空から見ているようなパスエリア供給選手。

サッカー名言bot ベッカム様 「戦争とサッカーを同じ次元で語るべきではない。だが、我々が勝利することで人々に幸福感を与えることができるのなら、ぜひ勝ちたい」

▼リンク

1