1. まとめトップ

入園・入学準備!ママの手作りを求められる!?入園・入学グッズのハンドメイドレシピまとめ!!

もうすぐ4月。入園入学の季節ですね!!お子様をお持ちのママはそろそろ準備に大忙し!!手作りを求めてくる幼稚園や保育園、小学校も多いです!!今回は、そんな入園入学グッズのハンドメイドレシピをまとめてみました!!

更新日: 2019年03月02日

3 お気に入り 2610 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

手作りって苦手だわーと思っているママさんも多いですよね!!でも、お母さんの手作りって子供は喜ぶ物です!!作り方が分からなくても、作り方さえ見ちゃえば簡単に作れる物もありますので、頑張ってみましょう!!

rilostichiさん

入園でも入学でも、大きさを少し変えれば使えちゃうレシピです♪

【レッスンバッグ(絵本袋)】

入園グッズの手提げを手作り☆小学校でも使えるサイズで簡単な作り方
材料
表布(濃紺)   縦69㎝×横42㎝
内布(好きな色) 縦69㎝×横42㎝
持ち手用テープ  2.5㎝幅×78㎝
ミシン糸(濃紺)
アップリケなどの飾り

作り方
手順1.持ち手用テープを39㎝×2本に切り、表布の表側に縫い留めます。
表布の端から13センチのところに持ち手用テープの幅の端が来るように置き、待ち針などで留めて端から1センチのところを縫います。持ち手が裏表のあるデザインの場合は、持ち手の表が下に(布と中表に)なるように注意してください。裏表のないものも、ねじれないよう同じ面を上にして留めましょう。
手順2.表布の両サイドを縫い合わせます。
持ち手が内側に来るように(中表に)半分に折り、待ち針で留めます。この時、両方の持ち手の位置がぴったり重なっているか必ず確認してください。持ち手の位置が合っていたら布の両端を縫い代(1センチ)のところで縫い合わせましょう。
手順3.マチを縫います。
底の中心線とサイドの縫い目がぴったり合うように開きます。ずれないように待ち針で留め、定規を当て、幅が5センチになる位置に線を引き、線の上を縫い合わせましょう。反対側も同様に。

手順4.内布を縫います。
手順2~3とほぼ同じですが、内側なので、サイドを縫うときにほんの少ーし小さくなるように、気持ち(左右それぞれ1ミリくらい)内側に縫いましょう。マチはあまり気にしなくても、同じくらいで大丈夫です。
手順5.表布に飾りつけをします。
アップリケなどを縫い付ける場合、出来上がってからでも問題なくできますが、この段階で作業をするほうが楽です。市販のアップリケはアイロンで接着できるものもありますが、後々デザインを変えたくなった時のためにアイロンは使わず、フェルトと同じように周りをたてまつりで縫うのがおすすめです。

手順6.表布と内布を縫い合わせます。
表布は裏のまま、内布を表に返して表布の中に入れます。サイドの縫い目をそれぞれ合わせ、ずれないように待ち針で留めましょう。縫い代(2センチ)のところを、返し口を残してぐるっと縫い合わせます。この時、持ち手部分を必ず縫うように、返し口はサイドに取りましょう。
手順7.表に返して押さえミシンをかけます。
返し口から表に返し、形を整えます。内側から口部分にアイロンをかけて整えたあと、端から2ミリ程をぐるっと一周、押さえミシンをかけたら完成です!

【上履き入れ(シューズケース)】

入園グッズ上履き入れを手作り☆使いやすいデザインとサイズで簡単に
材料
キルティング地   縦(□㎝+縫い代3㎝)  横(□㎝+縫い代1㎝)×2
持ち手テープ    持ち手側 25㎝くらい+縫い代4㎝  Dカン側 3㎝+縫い代4㎝
Dカン       1個
ミシン糸

作り方
手順1.キルティング地と持ち手テープの端を処理します。
持ち手テープを持ち手側とDカン側6センチに切り分けましょう。
それぞれの持ち手テープの切り口とキルティング地の端を全てジグザグミシンでかがるか、バイアステープでくるんでほつれないように処理しましょう。
手順2.袋部分を縫います。
キルティング地を中表に折り、縫い代1センチで底とサイドを縫い合わせましょう。
手順3.底のマチを縫います。
底の縫い目とサイドの縫い目を合わせるように開き、ずれないように待ち針で留めましょう。定規を当て、幅が4センチになる位置に線を引き、線の上を縫います。反対側のサイドには縫い目がありませんが、底の縫い目とサイドの折れ線を合わせて同じようにマチを縫いましょう。

手順4.持ち手とDカンを付けます。
袋部分を表に返し、中央に半分に折った持ち手テープを置きましょう。持ち手テープの切り口と袋の口部分の端を合わせ、5ミリくらいのところで縫い付けます。反対側にもDカンをはさんだ持ち手テープを同じように置き、持ち手の位置とずれていないことを確認してから同じように5ミリくらいのところで縫い付けましょう。
手順5.入れ口を縫います。
入れ口を内側に2センチ折り、端から1センチくらいのところを持ち手テープごとぐるっと縫い合わせたら完成です!
普通地2枚仕立てで作る場合も基本的にはほとんど同じです。
手順1は必要ありません。手順2と3は表布と内布それぞれで作ります。この時、内布は縫い代を1ミリ程度多く取りましょう。
手順4では表布に縫います。手順5の時に内布を中に入れ、持ち手を挟むようにして端から2~3ミリのところをぐるっと縫いましょう。

【コップ袋】

入園準備でコップ袋を手作り☆布選びと折りマチでの簡単な作り方
材料
布(綿100%) 縦(作りたい袋の高さの2倍+マチ幅コップの直径+紐通し部12㎝)×横(コップの直径の2倍くらい+縫い代2㎝)
ひも       布の横幅の4倍+30㎝くらい
ミシン糸

作り方
手順1.布にジグザグミシンをかけます。
まず布の縦(長いほう)両方にジグザグミシンをかけ、ほつれ止めをしましょう。
手順2.マチを折ります。
布を中表に半分に折り、アイロンで押さえます。さらにその折り目を、作りたいマチの半分の幅で上に折り、アイロンで押さえましょう。
手順3.両サイドを縫い合わせます。
ずれないように待ち針で留めたら、口から6センチのところに開き止まりのしるしをつけ、縫い代1センチで縫い合わせましょう。
マチの重なっている部分と開き止まりの部分はしっかり返し縫いをしましょう。
手順4.口部分にアイロンをかけます。
まず口の部分を1センチ折ってアイロンで押さえます。両サイドの縫い代を開いて開き止まりから上の部分にアイロンをかけて押さえましょう。

手順5.ひも通し部分を縫います。
口から開き止まりの5ミリ下を通るようにコの字型にミシンをかけましょう。1センチある縫い代の、真ん中あたりを縫えばOKです☆
両方縫えたら2.5センチ折り、2センチくらいのところを縫い合わせましょう。
表に返したら袋部分の完成です☆
手順6.ひもを通します。
用意したひもを半分に切り、左右からひもを通して結びましょう。
コップ袋の完成です!

【お弁当袋】

入園準備で手作りのお弁当袋☆裏地は必要?簡単な作り方をご紹介
材料
表地(オックス地がおすすめ)  縦(作りたい袋の高さの2倍+マチ幅+紐通し部8㎝)×横(作りたい袋の横幅+マチ幅+縫い代2㎝)
裏地(ブロード地でもOK)   表地と同じサイズ
ひも              生地の横幅の4倍+30㎝くらい
ミシン糸
※例:高さ17㎝×横幅17㎝×マチ10㎝のお弁当袋(冒頭写真左側の大きさ)を作る場合、表地&裏地はそれぞれ
縦(34+12+8)×横(17+10+2)=54㎝×29㎝になり、ひもは146㎝くらいになります。

作り方
手順1.表地と裏地を縫い合わせます。
生地を中表に(表同士が合わさるように)重ね、上下(短い辺)を縫い代1センチで縫い合わせましょう。
手順2.縫い代を開きます。
それぞれの縫い代を開き、アイロンをかけてしっかり押さえましょう。
手順3.両サイドを縫い合わせます。
開いた縫い目同士をぴったり合わせ、ずれないように待ち針で留めましょう。縫い目を中心に6センチ開けて、サイドを縫い代1センチで縫い合わせましょう。
開ける6センチの前後は忘れずにしっかり返し縫いをしましょう。反対側も同様に。
手順4.マチを作ります。
サイドの縫い目と底の折り線をぴったり合わせるように開き、ずれないように待ち針で留めます。定規を当て、作りたいマチ幅になる位置で線を引いて縫い合わせましょう。
縫い目から1センチほど残して切り落とし、ジグザグミシンをかけておきます。残り3か所も同様に。

1 2