1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyotonewsさん

♡:春もデニムコーデがmy定番

2018年はカジュアルでスポーティーなデニムコーデが大流行。
2019年の春も引き続き、デニムコーデが人気です!

女性にも大人気のそんなデニムコーデ。
合わせるバッグもこだわりたい。
おすすめの春バッグをまとめました。

:デニムにぴったりレザーバッグ

カジュアルなデニムにぴったりなのが、レザーバッグ。
カジュアルの中にも上品さをプラス。
キレイめコーデに仕上がります♡

バランスの良い快適な使い勝手。服を選ばず、手にするたび愛着が増す革の上質感とレトロな形。「ミディアムトート」は毎日のお仕事から週末の一泊旅行まで、自在に活躍してくれる優秀なバッグです。本体は、A4書類や日々の必需品がしっかり収まる「ちょうどいい」サイズ。

気軽に肩掛け出来るハンドル丈で、持ち心地も抜群です。また、電車内でも安心のカブセにスマートフォンや定期入れが入る外ポケットと、細やかな配慮も充実。アンティックな質感のオイルヌメ革は時間とともに味わい深い色艶に育って行くので、毎日手にするのが楽しみになることでしょう。

財布にスマートフォン、ポーチに手帳、お気に入りの本がコンパクトにすっきり。普段の手荷物+αが入る、丁度良いハンディサイズのトートです。

口が大きく開くので、出し入れも楽々。使いこむほどに色艶が増して、どんどん自分だけのバッグに育ちます。革のナチュラルな表情が着こなしのポイントに効いて、意外なほど合わせやすいのも魅力。サッと手にとって、一緒にお出かけしてみませんか。

近くにちょっとお出かけ、にちょうど良いハンドバッグです。くるりと結ばれた革のリボンがアクセントになって、装いのポイントに。見えるところに金具を使用していないため、ナチュラルで優しい雰囲気です。

キレイめもカジュアルも、どちらの着こなしにも似合うので、休日のパートナーとしてきっと大活躍してくれるはず。また、必需品+αが入る容量は、少し荷物が多い日も安心です。ぜひお気に入りの着こなしに合わせて、あなたらしくお楽しみください。

休日のお出かけを贅沢な気分で、軽快に。カジュアルなスタイルの中にも上品さが漂うポシェットです。フラップなどに縁飾りを施し、中央をベルトで留めたデザインはクラシカルな印象。

「オイルヌメ革」で仕立てた独特の柔らかなフォルムが、くったりとした表情で目を楽しませてくれます。ゆったりとしたショルダーベルトで斜め掛けすれば、リラックスした雰囲気に。大人の休日を品良く演出してくれる小さな相棒です。

イタリアンセミベジタブルレザーを使用し、可愛らしいフォルムと高級感のある質感が特徴の高級感バッグ♡

「京都の街並みの格子や碁盤の目」などをイメージして、パネル状にKPUという新たな素材を採用して作り上げた。

マット(ツヤ感を抑えた)な風合いが柔らかな印象を与え、「カエデの葉っぱ」を散りばめた。スリムでフィット感のある軽快なポシェット。

「京都の街並みの格子や碁盤の目」などをイメージして、パネル状にKPUという新たな素材を採用して作り上げた。

3つの素材を自由にリバーシブルで変化が楽しめる機能バッグ。

イタリアンセミベジタブルレザーを使用し、高級感のあるマッドな質感としなやかなフォルムが特徴なショルダーバッグ。

:デニム×デニムで斬新コーデ

春におすすめなのが、デニム×デニムのコーデ♡
バッグにもデニムやデニム風素材をプラスして、グッとおしゃれに♡

デニム風素材のリュック。
おでかけの機会が多くなる春にぴったりの機能性のあるバッグです♪

デニム風デザインの気軽に持てるボディバッグ。
コンパクトなのでどこにでも連れて行きたくなる◎

出典zozo.jp

今年のトレンドのショルダーにクラシックな印象のブランドロゴが融和し、バランスのとれた完成度の高いアイテムとなっています。
年間を通してお使いいただけます。

出典zozo.jp

季節ものの生地やナイロンなどの化繊ではなく、
総柄デニム生地を使ったミニトートバッグ。

出典zozo.jp

ピンクとイエローのステッチがさりげなくポイントになります。
デニム素材の割に軽くて持ちやすいBAGです。
使えば使うほどに色落ちもしてくるので、味が出てきて違った表情を楽しめます。

:春のお出かけに◎軽いナイロンバッグ

イタリア製のナイロンファブリック「カモフラージュ柄と柔らかな風合いのリンクルナイロン&高密度ナイロンの3つの素材。

自由にリバーシブルで変化が楽しめる機能バッグです。

豊かな表情を魅せる、シワ加工を施した「柔らかな風合いのナイロン」とガブリエール氏が「紅葉」を「星(ステラ)」に見立てイラスト化した。

1 2