1. まとめトップ

腰が痛い時の対処法と予防法

腰痛を起こしてしまう原因として急な動作をした時に筋肉が傷ついたり、腰周辺の筋肉が疲労して凝り固まったり、長時間背骨に負担がかかったり、 加齢などにより骨が変形してしまったり、病気であったりなどがあります。腰部を安定させる為に、腹筋や背筋を使わなければいけません。

更新日: 2019年03月09日

6 お気に入り 1704 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

体重の大部分は腰部にかかります。腰部は背骨のみでしか支持されておらず、骨や筋肉や靭帯や軟部組織によって安定が保たれています。腰痛の対策として大きく4つあります。「病院」「ストレッチ(体操)」「トレーニング」「寝具の改善」。ここでは腰が痛い時の対処法として「ストレッチ」「トレーニング」をまとめました。

takafukuroさん

腰がだるい・重い・鈍い痛みこれは「腰痛症」です。
原因がはっきりとせず、レントゲンなどでも異常がないのに漠然とした痛みが続きとらえどころのない腰痛のこと。

ストレッチには疲労の除去やリラックス効果が期待できる
柔軟性の改善も腰痛予防や改善に対するストレッチの効果の一つです

【たった3秒で脳も体もリセット】
今、腰が痛い人も、腰痛を予防したい人も取り組んでほしいのは、「基本のこれだけ体操」である。慢性腰痛持ちの人は背中を「反らして3秒保つ×10回」から始めること。

猫背や前かがみの姿勢が多い人におすすめ

長時間立ったり反り腰が続いたりした場合に効果的

日ごろ脚を組んだり片方だけでカバンを持つ癖があり、腰の左右どちらかに違和感や痛みが出やすい人

腰痛対策としては、上半身の筋肉を鍛える運動が有効です。特に腹筋と背筋を強化することで、背骨をしっかりと支える筋力がつき、正しい姿勢を保ちやすくなります。

筋肉のコルセットを作ったような状態になります

1