1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

作品賞は『万引き家族』!日本アカデミー賞受賞作品まとめ

第42回日本アカデミー賞受賞作品が発表された。作品賞など主な賞の受賞作品をまとめた。安藤サクラ×樹木希林×是枝裕和『万引き家族』、役所広司×松坂桃李『孤狼の血』、上田慎一郎『カメラを止めるな!』、伊藤健太郎『コーヒーが冷めないうちに』、『未来のミライ』。

更新日: 2019年03月08日

3 お気に入り 10774 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

作品賞・監督賞・脚本賞(是枝裕和)、主演女優賞(安藤サクラ)、助演女優賞(樹木希林)、音楽賞(細野晴臣)、撮影賞(近藤龍人)、照明賞(藤井勇)

◆『万引き家族』

監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
原案:是枝裕和
出演:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ、樹木希林

「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、東京の下町を舞台に、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描くヒューマンドラマ。

ある日、父・治と息子・祥太は万引きの帰り道、凍えている幼い女の子を見つけ、連れて帰る。体じゅうの傷から境遇を察した妻・信代は、家族として受け入れる。

日雇い労働者の父・柴田治をリリー・フランキー、治の妻・信代を安藤サクラが演じる。また、信代の妹・亜紀役で松岡茉優、祖母・初枝役で樹木希林が出演し、池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴らもキャストに名を連ねる。

主演男優賞(役所広司)、助演男優賞(松坂桃李)、美術賞(今村力)、録音賞(浦田和治)

◆『孤狼の血』

監督:白石和彌
脚本:池上純哉
原作:柚月裕子
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、中村倫也、竹野内豊、中村獅童、ピエール瀧、江口洋介

『凶悪』などの白石和彌監督がメガホンを取り、柚月裕子の小説を映画化。

暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、すさまじい抗争を起こしている暴力団と彼らを追う刑事たちのバトルを活写する。

出演者には、「三度目の殺人」の役所広司、「不能犯」の松坂桃李、「天空の蜂」の江口洋介、「海よりもまだ深く」の真木よう子ら豪華キャストが顔を揃えている。

話題賞(映画部門)・編集賞(上田慎一郎)

◆『カメラを止めるな!』

監督:上田慎一郎
出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学、市原洋、山﨑俊太郎、大沢真一郎

監督・俳優養成の専門学校「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾となる異色ゾンビムービー。

前半と後半で大きく赴きが異なる異色の構成や緻密な脚本、30分以上に及ぶ長回しなど、さまざまな挑戦に満ちた野心作。

当初は都内2館の上映だったが口コミで評判が広まり、同年8月からアスミック・エースが共同配給につき全国で拡大公開。200万人を超える観客動員を記録する異例の大ヒットとなった。

話題賞(俳優部門・伊藤健太郎)

◆『コーヒーが冷めないうちに』

監督:塚原あゆ子
脚本:奥寺佐渡子
原作:川口俊和
出演:有村架純、伊藤健太郎、波瑠、林遣都、深水元基、松本若菜、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子

「本屋大賞2017」にノミネートされた川口俊和の同名ベストセラー小説を、有村架純の主演で映画化。

店内のとある席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという喫茶店を訪れる客たちと、謎多き店員たちが繰り広げる物語がつづられる。

有村が喫茶店の店員を演じるほか、伊藤健太郎、波瑠、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊、石田ゆり子らが出演。ドラマ「重版出来!」「アンナチュラル」などの演出を担当した塚原あゆ子が監督を務める。

1 2