1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知らなかった!肉はゆでるより焼く方がカロリーダウン!?

今話題の糖質制限ダイエットで食べている方も多い『肉』実は、部位によってはゆでるよりも焼く方がカロリーが減るというのはご存知でしょうか?

更新日: 2019年03月03日

7 お気に入り 3939 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

糖質制限を初めて、お肉について色々調べています。

・ダイエットとして定着してきた『糖質制限』

炭水化物に多く含まれる糖質を押さえて、代わりに肉や卵などのたんぱく質を多く取るというダイエット方法です。

糖質は控えますが、反対に三大栄養素のうち、たんぱく質、脂質、食物繊維は血糖値を上げないので、カロリーを気にせずに、これらの食品をたっぷりと摂ることができます。

それにしても糖質制限ダイエットって本当に痩せるんだな! 一カ月で6㎏痩せたわ。 糖質制限って制限するだけだからご飯も食べられるし意外とストレスないわ。 #糖質制限

ゆりやんがロカボダイエットで10日で8㎏痩せた番組を見て、今まで糖質制限とか私には無理!と思ってたけどちょっと取り入れてみようかな...といとも簡単にTVに影響されている私 早速毎朝の食パンをロカボ対応のパンに変えてみる。 pic.twitter.com/bnq5KveOZ3

・糖質制限ではお肉はOK!

無制限に食べて良いという訳ではないのですね。

・少しでもカロリーを減らすため、お肉はゆでるよりも焼こう!

「茹でるより焼く方がカロリーカットになる」というのは少し驚きかもしれません。
しかし食材によっては焼いた方がカロリーカットになる場合もあるのです。

・焼くべきお肉の種類は『脂質の多い肉』!

豚のロース肉のカロリーは、ゆでると4%、焼くと10%ダウン。皮付きの鶏もも肉では、ゆでると21%、焼くと28%カロリーダウンします。つまり脂身の多い肉では「ゆで」より「焼き」がやや効果的。

熱いフライパンにバターを入れると一瞬で溶けてしまいますよね。
お肉の脂分も同じで、高温で調理したほうが溶けやすく、お肉の外に溶け出す油の量も多くなります。

逆に『脂質の少ない』お肉はゆでるべし!

もともと脂身の少ない赤身肉やささみなどをフライパンに油をしいて焼くことは、カロリーカットどころかカロリーは増してしまいます。

一方、脂身をとった豚肉、皮なしの鶏肉では、同じくらいか、ゆでたほうがやや少なくなります。

脂質の多い肉、少ないお肉はどの部位?

バラ肉やロースはゆでるより、焼く方が良いということですね。

・牛肉&豚肉

ばら>サーロイン>リブロース>かたロース>ランプ>ヒレ

・鶏肉

手羽>もも>胸>ささみ

1 2