1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「手塚治虫文化賞」有力候補!「吉田秋生」のおすすめ作品

「第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞」にノミネートされた漫画家「吉田秋生」のおすすめ作品。『吉祥天女』、『河よりも長くゆるやかに』、『BANANA FISH』、『櫻の園』、『ラヴァーズ・キス』、『YASHA-夜叉-』、『海街diary』。

更新日: 2019年03月06日

12 お気に入り 8102 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『吉祥天女』

麻井由似子と同じクラスに転校してきた、謎の少女・叶小夜子。その日から、小夜子をめぐって学園は様々な事件が起こる。そして、転入先の高校には叶家の財をねらう遠野家の暁と涼がいた。陰謀渦巻くこの街で、小夜子の領域を侵す者が次々に死んでゆく…。

思わず『吉祥天女』を読み出したら、一気に最後まで読んでしまって、こんな時間。個人的には吉田秋生の一番の傑作だと思うし、何度読んでもはっとさせられたり、発見があったりする

みんな吉祥天女読んだことない??? 吉田秋生せんせの超傑作やから読んで??!!あのひとバナナフィッシュだけやないから!!!! pic.twitter.com/t8tHFaqafF

それにしても80年代の吉田秋生って「河」の他にも「カリフォルニア物語」「吉祥天女」「BANANA FISH」と、傑作しか描いていないんですけどどういうことですかこれ。しかも数年という幅で、全部ジャンルが違うの。ありえないでしょ。どうなってるんだこれ。

◆『河よりも長くゆるやかに』

ニッポンの高校生トシ、深雪、秋男。けっこうシビアな現実を抱えてたりもするのだが、涙をこらえて脳天気なふりをしてみせるのさっ。ゲイバーでバイト、ドラッグ密売、スーパーでナンパと、りりしくしぶとくスケベに生きる3人組が今日も行く。

私の吉田秋生の最高傑作は『河よりも長くゆるやかに』。何度も読み返した、当時の私にとっては大人の本だったな。「”長女”だからついつい用意しすぎちゃうから大きい鞄になっちゃう」とか、細かい台詞が妙に刺さった。 他に『BANANA FISH』より過去の英ちゃんの日本時代の短編も良い

「河よりも長くゆるやかに」が最高傑作で、異論はないと思うのですが、違うんですか?

吉田秋生「河よりも長くゆるやかに」読了。いやあ、シミジミと、エエですね。このマンガ、2019年現在でも、映画化されてないのが不思議。とんでもなく邦画向きの題材だと思うのですが、ヘヴィーさとお気楽さのバランスが特別すぎて、上手い映像化は難しいのかなあ?何しろ、大傑作だと思います。 pic.twitter.com/vhcjadnXYb

◆『BANANA FISH』

ストリートキッズのボス、アッシュは、胸を射たれて瀕死の男から薬物サンプルを受け取った。男は「バナナフィッシュに会え…」と言い遺して息を引き取る。謎の言葉『バナナフィッシュ』を追うアッシュに、暗黒街の黒影が迫る…!

「BANANA FISH」 男性も女性も面白いと思うアクション漫画の傑作。 バディものの要素も入ってるし「心に深い傷を負った人間がどう生きていくか」みたいなテーマが好きな人は是非 吉田秋生さんの漫画は全部面白い #このマンガがすごかった pic.twitter.com/P4B2r2KnFY

読書ログ 『 Banana fish 』 吉田秋生 ★★★★★ 5.0 - 高校の頃初めて読んだけど、何度でも読み返す傑作。つーか、古さを全く感じさせない内容だと思うなぁ。(絵は流石に多少古い... dokusho-log.com/r/daba/ahFzfm5… #読書ログ #読書

しかし吉田秋生の「BANANA FISH」と「カリフォルニア物語」は、誰が何と言おうと日本の漫画史上に残る傑作だと思う。

◆『櫻の園』

丘の上の女子高校、桜華学園。春の創立祭で、チェーホフの“櫻の園”を演じる演劇部員たち。思春期の乙女たちのほのかな心情をセンシティブに綴る必読の連作短編集!

この時期、読み返す「櫻の園」。卒業式シーズンの高校二年生たちが主人公のアンソロジー。まさに文乃ちゃんとドンピシャ。男ヲタにこそ読んで欲しい吉田秋生の傑作。 pic.twitter.com/L5VP2IVVUT

BANANA FISHがアニメ化されるとのことで、もし初めて吉田秋生作品に触れる方とかいらしたら、ぜひ「櫻の園」も読んでほしいなぁ(*´ω`*) 個人的に女子校ものの最高傑作だと思うです。思春期の自己愛と自己嫌悪の相克がすばらしくヒリヒリするんですよ。

櫻の園: 吉田秋生のこれも傑作。二度、映画化されただけある。青春のひとときをここまで情緒的に感性ゆたかに表現できる能力はまさしく天才。女子高、演劇部がどんな雰囲気は鮮やかにきりとられている。

◆『ラヴァーズ・キス』

鎌倉の県立高校に通う少女たち、少年たちの熱い日々。そして、その彼女たちの揺れ動く青春をキスをめぐるドラマを通じて描く、ラブロマンス。

バナナフィッシュは間違いなく金字塔なのだけど、嵐の後の海のようなラヴァーズ・キスも傑作なので読んで読んで。twitter.com/acrylica_yoko/…

そして、吉田秋生の傑作「ラヴァーズ・キス」の実写でも、主人公の女の子に密かに恋心を抱く親友役をやっているので、私にとって市川実日子とはそういう存在なのだ。しかし映画より漫画の方が2億倍くらいオススメ。吉田秋生の魅力。 pic.twitter.com/uVzD1lONSf

『BANANA FISH』は勿論大傑作だけど吉田秋生の「最高傑作」かというと勿論そう主張する人々も多いだろう一方、きっと強力な『海街diary』派。『ラヴァーズ・キス』派も(自分だ)。『吉祥天女』派『カリフォルニア物語』派等もいそうで、激しい戦いが起きたり起きなかったりしそう。

1 2