1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

増税と決算前!今年の3月は「車購入」の絶好のチャンスみたい

今年の3月は特別です。何が特別なのかというと、消費税プラス年度末決算が重なるからです。大幅な割引及び税負担を免れるチャンスといえます。

更新日: 2019年03月02日

14 お気に入り 17334 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■年度末の3月がやってきた

年明けてから早2ヶ月が経ち3月に突入しました! みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

3月(さんがつ)は、グレゴリオ暦で年の第3の月に当たり、31日間ある。冬と春の境目の季節である。

早いもので、もう3月!あっという間すぎてビックリです。3月~4月は出会いや別れの季節とあり、卒園・卒業式、入園・入学式、そして入社式など、皆さん何かしら慌しいのではないでしょうか?

■そんな3月は車購入の絶好のチャンス!

この時期になると街の新車ディーラーに「決算セール」や「期末大商談祭」といった類いののぼり旗が並んでいる姿を目にすることがあるだろう

一年間で最も新車市場が活発になるのは"期末"である3月。一年の総仕上げなので、各自動車メーカーは企画を立て、億単位の支援金を販売店に拠出します

巷では、『決算期だと値引きを沢山してもらえるから、決算期に車を買うのがベスト!』という記事をよく見かけます

■なぜチャンスかというと「割引率」が高くなるから

1年のうちで、もっとも値引きが期待できるのは決算期に当たる3月です。それ以外では中間決算期の9月やボーナス時期の6月と12月

クルマを買う予定があるなら、この時期を逃す手はない。この時期にクルマをゲットしよう。

■なぜ決算前は安くなるのか?

会社としての成績が問われる時期のため、多少値引いてでも販売台数をより稼ぎたい、といった背景がある。

販売報奨金がもらえるのであれば、少々原価を割るような金額で販売したとしても報奨金でその損を埋めることができるというのが、決算期に大幅な値引きが発生するカラクリ

■中には「原価を割る」価格で販売されることもあるという

※新車だけでなく、同様に中古車市場も決算期なので大幅な値引きが期待出来るようです。

昨年3月は66万台の新車が売れています。この数字は最も売れなかった月の約2倍です。

決算月はとにかく車がよく売れます。

効果的なのが週末の夕方以降の時間帯。なんとしても決めたいセールスマンの決死の値引きが期待できるかも!?

■実際に3月に車の購入を狙っているという人の声

@rrrokuai ワシくらいきなると、問題になってるのが追い風なんよね! 一般ピーポーは問題になってるから買うのに抵抗ある→車売れない→3月の決算やばい→3月にはどうしても売りたい→かなり値引きしてもらえる っていうのを狙ってる。笑

3月の決算期、増税前に車買うか悩んでる… 昇進決まってからにしたいんだけどなそれだと6月だし…見切り発車ありかなあ

1 2