1. まとめトップ
  2. 雑学

羽田空港に埋まった伝説の飛行機「真紅の翼」の悲しい運命

羽田空港の地下には「飛行機」が埋まっていることを知っていますか?羽田空港に埋められた飛行機の悲しい運命についてまとめました。

更新日: 2019年03月03日

7 お気に入り 6474 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

genzohさん

日本一利用客の多い羽田空港。この滑走路の地下には実は飛行機が埋まっているのです。

羽田空港の滑走路の下には「飛行機」が埋まっている

実は、羽田空港の滑走路の地下には、かつて飛ぶことを許されなかった「悲運の飛行機たち」が埋まっているという。つまり、飛行機の上を飛行機が走っているのだ。なぜ、この妙な状況が誕生したのか。

その理由は終戦後の「兵器廃棄」にあった

終戦後、GHQにより日本国内における航空機の製造・研究は全面的に禁止された。その結果、航空機関連の資料はすべて没収され、空港内にあった飛行機や武器などは、そのまま羽田空港の敷地内で廃棄された。

当時の世界記録を誇っていた航空研究所試作長距離機、通称「真紅の翼」も空港の「鴨池」に投棄され埋め立てられました。

敗戦直後の9月13日には連合国軍先遣隊の進駐により飛行場が接収され、日本人は翌日より敷地内に立入禁止処分となり、駐機していた輸送機群は飛行場拡張工事のためブルドーザーにより鴨池に投棄・破壊されました。

羽田に残った機体は鴨池に放り込まれ、松戸で役目を終えた27機は焼却され、航空人たちの呆然自失、悔し涙の前で日本の航空が終わりを告げたのでした。

当時東京飛行場の隣に「鴨池」という池がありました。そこに多くの航空機が投棄され、兵器廃棄を行ったのです。

その後「鴨池」は埋め立てられ、羽田空港の滑走路となった

羽田空港は日本が誇る巨大空港です。世界の大きな空港と比べて敷地面積は1,516haとそこまで広くはありませんが、滑走路がなんと4本もあります。

東京飛行場は、鴨池のみならず海面も埋め立てられて、その後のAラン、Bランを擁する大拡張工事が米軍によって行われ、皮肉なことに、あれほど痛めつけられた日本の民間航空なのに、羽田が再開日本民間航空の拠点として復活し発展していくのであります。

飛行機の中には「世界一」を誇る伝説の「真紅の翼」もあった

当時の世界記録を誇っていた航空研究所試作長距離機、通称「真紅の翼」も空港の「鴨池」に投棄され埋め立てられました。

実はこの機体、無着陸での飛行距離と、飛行時の速度において、当時の世界記録を誇っていた。国産の機体が「世界一」だったのは、後にも先にもこの時だけだ。

航空研究所試作長距離機(航研機) 航続距離、平均速度の記録を持つ航空機。コックピットがないように見えるが、空気抵抗を抑えるために機体本体からはみ出さないようにしている。 pic.twitter.com/ErhHXog5dL

「真紅の翼」の逸話に感動

#羽田空港下に眠る真紅の翼よ永遠なれ 当時「世界一」の記録を持っていた「真紅の翼」 戦闘の為に生まれ来たが、今は人々の平和を見守る守護神となっていてくれる事を心より願う。 羽田空港の地下に眠り続ける「伝説の飛行機」の哀しき運命(現代ビジネス) - Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019…

羽田空港の地下に眠り続ける「伝説の飛行機」の哀しき運命(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… @YahooNewsTopics 羽田空港もこういう過去の歴史もあるのか。

羽田空港の地下に眠り続ける「伝説の飛行機」の哀しき運命(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社 C滑走路とか第2ターミナルの地下ら辺かなぁー gendai.ismedia.jp/articles/-/596…

羽田空港の地下に眠り続ける「伝説の飛行機」の哀しき運命(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… @YahooNewsTopics いつの日にか、日の目を見ることがあるんだろうか。

羽田空港の地下に眠り続ける「伝説の飛行機」の哀しき運命(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… @YahooNewsTopics 真紅の翼再現してほしいね(*・ω・)

羽田空港の地下に眠り続ける「伝説の飛行機」の哀しき運命(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2019… | ほえ~。初めて知った。戦争に負けたという事はこういう事なんだよな。「真紅の翼」見てみたかった。

滑走路の下から、人のために飛ぶ飛行機を見守っているのでしょう。
いつか戦争のない世界が実現するといいですね。

1