1. まとめトップ
  2. 雑学

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

いくら感謝の気持ちがこもっていても、やはり貰って嬉しい物とそうでないものはありますよね。

ホワイトデーのお返しで失敗しないため、意中の相手や恋人、奥さんに嫌な顔をされないため、ホワイトデーのお返しとしてNGなものを紹介していこう。

▼ もはや女性に「花」は通用しない!?

ある程度の年齢以上の男性が共通して持っている、「女性は花に弱い」という認識。これはもはや通用しません。

実用的なプレゼントならいざ知らず、「インパクト重視」の花はホワイトデーには不向き。プロポーズや告白など「びっくりさせる」ときなら使えますが、ある意味「予定調和」であるホワイトデーのプレゼントには向かないと心得ましょう。

▼ コンビニ感丸出しのもの

これは、あなたがバレンタインデーに同じようなものをもらったとしても「えー、こんなのにお返ししなきゃいけないのか……」と思ってしまうのではないかと思います。

もちろん、「別にコンビニやスーパーで買ったものでも気にしない、もらえるだけでうれしい!」という方も男女ともにいらっしゃるかと思いますが、あまりにも手を抜きすぎなものはちょっといかがなものでしょうか。

▼ 「マシュマロ=あなたが嫌い」!?

じつはホワイトデーでお返しに渡すプレゼントには意味が生じてくるのである。マシュマロは口に含むとすぐに溶けてなくなることが転じて「あなたが嫌い」という解釈があるそうだ。

▼ ハンカチは別れを意味するらしい。。

実はハンカチを贈るということには「別れ」「さよなら」の意味があるのです。これでは職場での「これからもよろしく」という意味とは反対の意味でとられそうですね。

ハンカチは漢字では「手巾」と書きます。これは「てぎれ」と読むことができるので、そこから別れの意味があるそうです。

風水や漢字の意味を別にしても身につけるものは女性はこだわりがあるので気に入ったものでなければ逆効果になるのでハンカチは難易度は高いですよね。

▼ 見た目は可愛いけど苦手な人も多い

「え!? 女性ってマカロン好きじゃん!」と思うかもしれません。ただしマカロンは「甘ったるい」味わいのものも多く、すぐに飽きてしまう。

見た目はかわいいけど味はイマイチという女性が多いのも事実です。「かわいいから流行っているだけ」という男性には理解しがたい心理。ホワイトデーは美味しいものを期待していることが多く、その意味でマカロンは不向きだったのです。

▼ 下着のプレゼントも完全NG。

1 2