1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

森七菜から横浜流星まで!「冬ドラマ」でブレイクした若手俳優たち

2019年1月期冬ドラマも終盤。今期一躍ブレイクしたり、大注目された若手俳優・女優たち。横浜流星『初めて恋をした日に読む話』、小芝風花『トクサツガガガ』、石橋菜津美『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』、白石聖『絶対正義』、森七菜『3年A組−今から皆さんは、人質です』。

更新日: 2019年03月21日

7 お気に入り 32060 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆横浜流星『初めて恋をした日に読む話』

何もかもがうまくいかない残念なしくじり鈍感アラサー女子・春見順子(深田恭子)の前に、タイプの違う3人の男性が現れる。そこから、人生のリベンジともいえる闘いがスタートするラブコメディー。

クールなエリートで順子の従兄弟・八雲雅志に永山絢斗、髪をピンクに染めた不良高校生・由利匡平に横浜流星。

・ドラマをきっかけにインスタフォロワー3倍の大ブレイクの横浜流星

話題をさらっているのは、由利こと“ユリユリ”を演じる横浜流星(22)だ。「無敵ピンク」「ユリユリの目にぞくぞくする」「キュンキュンしまくり」など、「はじこい」についてつぶやかれた投稿を見ると、横浜の魅力を語る言葉であふれ返っている。

ドラマスタート時は約14万人だったインスタグラムのフォロワー数が45万人に急増(2月19現在)、ドラマ放送後は「yahoo!リアルタイム検索」で“ゆりゆり”が検索ワード1位になるなど、大反響。

22歳の横浜流星は、2012年にテレビ朝日系「仮面ライダーフォーゼ」でドラマ初出演。2018年には映画『虹色デイズ』で主演を務め、これまでも役者として活躍してきた横浜流星だが、どうやら「はじこい」で本格ブレークを果たしそうだ。

◆小芝風花『トクサツガガガ』

小芝風花が連ドラ初主演で、特撮をこよなく愛する“隠れオタク”な商社勤めのOL・仲村叶に扮(ふん)する。

周囲にオタクだとバレることを怖れ、コソコソとオタク生活を楽しむ彼女の日常がコミカルに描かれていく。

・コミカル演技でついにブレイク 代表作を手に入れた小芝風花

小芝は「ガールズオーディション2011」にエントリーし、全国約3万5000人の中からグランプリに選ばれ芸能界入り。女優として着実にステップアップする彼女だったが、一方で誰もが認める“代表作”と呼べる作品とは縁遠かった。

優等生的なキャラクターゆえ飛び抜けた存在感は示せず、トップ女優にまで至ってなかった小芝。だが、演技にコミカルな味付けも加わって、役に真摯に取り組む姿勢が実を結びつつある。

過去作で培った表現力を糧にコメディエンヌとしてブレイクスルーを遂げた小芝。本作が自他共に認める“代表作”となることは間違いないだろう。

◆石橋菜津美『ゾンビが来たから人生見つめ直した件』

劇作家・櫻井智也が描く、現代日本の諸問題をあぶりだす社会派ブラックコメディー。

ゾンビが大量発生したある地方都市を舞台に、ゾンビに立ち向かうアラサー女子とその仲間たちの奮闘を描く。

キャストには、石橋菜津美、土村芳、瀧内公美の若手実力派女優が集結!新しい価値観を持つミレニアル世代に向けて、完全オリジナルのジャパニーズ・ゾンビドラマです!

1 2 3