週間連載をしていた作品の人気が出ると、単行本(コミック)化されることになります。

こうなると、作者である漫画家は、加えて単行本の発行部数に応じた「印税」をもらえるようになります。

コミックの印税は8%〜10%程度といわれています。作品によりますが、人気が出れば出るほど連載が長くなり、単行本の巻数が増え、そして1巻あたりの発行部数も増えていくため、多くの印税を得ることができるようになります。

出典漫画家の原稿料・印税 | 漫画家など550種類の職業や仕事を紹介 Career Garden

前へ 次へ