1. まとめトップ

白血病を克服した芸能人・有名人・アスリートたちのまとめ!

池江璃花子さんの白血病のニュースを見て驚きましたよね。早期発見の池江璃花子にエールを送りたい!!白血病を克服した芸能人・有名人・アスリートたちのまとめ!白血病は今や治せる病気なんですよね!!

更新日: 2019年03月04日

1 お気に入り 1203 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Happy-natuさん

白血病とは・・・

遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害し、多くは骨髄のみにとどまらず血液中にも白血病細胞があふれ出てくる血液疾患

症状は・・・

正常な白血球が減ることで感染症(発熱)、赤血球が減少することで貧血になり貧血に伴う症状(倦怠感、動悸、めまい)、血小板が減少することで易出血症状などがよく見られ、また血液中にあふれ出た白血病細胞が皮膚や神経、各臓器に浸潤(侵入)してそれらにさまざまな異常が起きることもある。

渡辺謙

渡辺 謙(わたなべ けん、1959年10月21日- )は、日本の俳優。本名同じ。新潟県 北魚沼郡 広神村(現:魚沼市)出身。演劇集団 円を経て2002年からケイダッシュ所属。

世界各国において映画を中心にテレビドラマ、舞台、テレビコマーシャルと幅広く活躍している日本を代表する俳優の一人。

1989年、映画初主演となるはずであった『天と地と』の撮影中に急性骨髄性白血病を発症して降板。再起はおろか生命も危ぶまれたが、約1年の闘病の後、治療を続けながらも俳優業に復帰。

30歳の時に発症

経過は良好に見え、一応治療が終了した1993年、NHK大河ドラマ『炎立つ』に再び主演、完全復活をアピールした。しかし、発病から5年経過した1994年に再発。

再治療を行い、経過は良好となって、翌年、無事復帰を果たす。

吉井怜

吉井 怜(よしい れい、1982年〈昭和57年〉3月18日 - )は日本の女優、タレントである。本名、山崎 怜(旧姓、飛知和〈ひちわ〉)

夫は俳優の山崎樹範

2000年、奄美大島でのグラビア・カレンダーの撮影時に急性骨髄性白血病を発症

18歳の時に発症

病名は両親にだけ伝えられ、骨髄不全症から来る再生不良性貧血で3か月の入院が必要と告げられた。医師から治療(抗がん剤投与)の副作用から髪の毛が抜け落ちると告げられ、芸能生活がおしまいだと絶望感を味わったが、当時の専務の「待っているから」という言葉にはげまされた

2001年7月11日、母親からの骨髄提供により骨髄移植を受けた。移植後は移植片対宿主病(GVHD)も加わり、10日間ほどの記憶を無くしている。血液型がA型からO型に変わった

加納朋子

加納 朋子(かのう ともこ、1966年[1]10月19日- )は日本の小説家・推理作家。福岡県北九州市出身

2010年に急性白血病の診断を受け、抗がん剤治療を経て弟から骨髄移植を受ける。2012年、闘病の様子を描いた『無菌病棟より愛をこめて』(文藝春秋刊)を刊行

44歳の時に発症

早川史哉

早川 史哉(はやかわ ふみや、1994年1月12日 - )は、新潟県新潟市出身のサッカー選手

2016年4月24日のJ1第8節・名古屋戦(早川はベンチ入りのみ)後にリンパ節の腫れを訴えた為に病院で検査を受けた結果、急性白血病と診断

22歳の時、急性白血病と診断された

2016年11月に骨髄移植手術を行った。2017年から寛解に向けた治療に専念するため新潟との選手契約を一旦凍結した

2018年10月には対外試合を出場、11月12日に契約の凍結を解除した。白血病を診断から復帰するまで2年7か月かかった。

岩下修一

岩下 修一(いわした しゅういち、1973年6月2日 - )は、静岡県出身の元プロ野球選手(投手)。左投左打。2006年のみ登録名を「岩下 修壱」(読みは同じ)とした。現在は北海道日本ハムファイターズの打撃投手。

2001年7月、急性骨髄性白血病にかかり入院

28歳の時に発症

1