1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

彼女のいびきに対する男性の本音は…?

実は、大体の男性はいびきに寛容です。アンケートでは8割近くの男性が彼女のいびきを許せるというデータもあるくらいです。いびきさえも愛おしいという人もいれば、疲れているんだから仕方がない、という人もいて、いびきに関する考え方は男性それぞれによっても違いがあります。

爆睡しているときに出やすいものといえば、「いびき」。口呼吸をしていると、ついつい出てしまうこれは、何もおじさんばかりのものではありません。若い女性であっても、出ることは十分ありうるのです。そこで今回は、男性たちにこんな質問をしてみました。

Q.あなたは、自分の前で彼女が「いびき」をかいた場合、許せますか?
「許せる」……76.0%
「許せない」……24.0%

8割近い男性が「許せる」と答えました。かわいい彼女だからこそ、許せるのかもしれませんが、その一方で、2割程度の男性が、「許せない」と答えています。では、どうしてその回答を選んだのか、詳しく聞いてみましょう。

許せる派の意見は?

■自分では止められないから
・「あまり聞きたくないけど、止めようと思っても止められるものじゃないから」(26歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

・「生理現象に目くじらをたてるやつはいないでしょう」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いびきは睡眠中、無意識下で出ているものですからね。「いけない! 止めなきゃ!」という意思だけではどうにもなりません。それなのに「やめて!」とはなかなか言えないでしょう。

■自分もかいているし……
・「自分もかいているので許すしかない」(27歳/その他/その他)

・「自分もかいているようなのでお互いさま」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

一般的に、男性のほうがいびきをかいている人が多いそうですから、睡眠中は2人でいびきの二重奏を奏でているのかもしれません。それなら文句のつけようがありませんよね。

■疲れてるんだ……
・「『いびきをかくほど、それだけ疲れていたのかな』と感じ、ゆっくり休んでと思いながら、寝かせてあげたいです。なので、許せます」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「疲れているんだろうなって思う。女性がいびきをかいてはいけないっていうのは不平等だと思う。だいたいの男性はいびきをかくし」(27歳/小売店/営業職)

体がぐったり疲れているといびきをかきがち、という人もいますから、いびきをかいて寝ているときは、怒りを買う、というよりも、心配されるかもしれませんね。

では次に「許せない」を選んだ人たちは、どうして「許せない」と感じるのか、その理由を教えてもらいました。

■いびきは無意識に出てしまうものだから

いびきは生理現象の一つであり自分が意識しようと思って出せるものではありません。ですので、いびきに対しては「しょうがない」と思っていて寛容な男性も少なからずいます。生理現象に目くじらを立てたくない、あまり聞きたくないけれど止めようと思って止まるものではない、自分からやめて!とは言えないなどといった消極的な理由も多いです。

■疲れているのだと思うから

いびきをかいている女性に怒りを感じるというよりも、「疲れているんだから仕方ない」と思う男性もいます。特に仕事が忙しくて休む暇がない、疲れた顔をしている彼女がいびきをかくと、疲れているんだからと少し気を使ってしまう人もいます。知識のある人は、睡眠時無呼吸症候群などを考えてしまい、心配になってしまいます。

■自分もいびきをかくから

多くの男性はいびきをかくといわれています。いびきは、自分で出しているかどうか確認できませんので「自分もいびきをかくから仕方ない」「男性の多くはいびきをかくのに、女性がいびきをかくから気に入らないというのは不公平」という意見もあります。特に自分がいびきをかくと自覚している人にはその傾向が強いです。

■可愛いと思っている

いびきをかいている無防備な寝姿を可愛いと思っている男性もいます。ふだんまじめな顔や上品なふるまいをしているからこそ、無意識にいびきをかく姿に普段とのギャップを感じ、キュンとしてしまいます。また、彼女のすべてが好き!という男性にとっては、いびきをかいている姿すら可愛いということになってしまいます。

許せない!派の意見は…?

■うるさい
・「私は神経が過敏なので、ちょっとしたことでも寝られなくなってしまうから。だから苦手です」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「うるさくて寝られないと思うから」(25歳/運輸・倉庫/その他)

繊細で、ちょっとした音が出た程度でも気になって寝られなくなってしまう人も確かにいます。こういう人が彼氏だと、いびきどころか、ちょっと寝返りを打つのにも気を使いそうですね……。

可愛い彼女というイメージが崩壊してしまうほどおっさんのようなイビキだと、少し彼氏側としても「え・・・」と引いてしまうこともあります。

■おじさんみたい……
・「正直言って、おじさんくさいから」(34歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「いびきはおじさんのイメージだから」(34歳/電機/技術職)

いびきと言えば、おじさんがかくもの……そういう先入観がばっちり根づいている人もきっと少なくはないでしょう。寝ている彼女の口から、おじさんっぽいいびきが漏れてきたら、さぞや嫌でしょうね……。

■失礼でしょう?
・「失礼なことなので、できるかぎりやめてもらいたい」(36歳/金融・証券/事務系専門職)

いびきをマナー違反だと判断する男性もいますから、そういう彼氏の場合は、いびき防止のテープなど、とにかくいびき防止グッズを検討しないといけないのかも。

■おじさんみたいでイヤ

一方で彼女のいびきが許せない人もいます。いびきはおじさんがかくものという先入観があるからです。実際は若い人でもいびきをかく人はいるのですが、なかなかそうは思えません。特に可愛らしく寝ている彼女の口からいびきが聞こえるとおじさん臭くて許せない、と思う男性はいます。

■うるさい

いびきをかく彼女が嫌なのではなく、うるさいから眠れない、という人はいます。音に対する感度は人それぞれであり、騒音の中で眠ることができる人もいれば、少しの音でも寝られない人もいます。実際そういった彼氏と付き合っていると、寝返りをしただけで寝られなくなりそうですのでいろいろと気を使ってしまいます。

■いびきはマナー違反だと思う

いびきは生理現象なので許すもなにも仕方がない、という意見もあれば一方でいびきはマナー違反だと思っている人もいます。実際にはいびきに関するマナーというのはほとんど周知されていませんが、そういった考え方を持つ彼氏と付き合うのであれば、いびき対策グッズなどを検討する必要がありそうです。

■ギャップがありすぎて別れを考えてしまう

普段可愛くて楚々とした彼女だからこそ、睡眠時にいびきをかくのはギャップを感じてしまいます。そういったギャップをかわいい、愛おしいと思うような彼氏なら良いのですが、ギャップがあり過ぎて別れを考えてしまう人もいます。それも価値観ですのでどちらが良いとか単純に言及できる問題でもありません。

そもそもなんでいびきをかいちゃうの?

■ストレスが溜まっている

いびきの原因は多岐にわたりそれらが複雑に絡み合っています。実は、ストレスにより自律神経が乱れやすくなり、結果的に脳は酸素不足になってしまいます。そのため、より空気を取り入れようといびきの原因となる口呼吸につながります。自律神経は身体の臓器を動かす大切な役目をしていますし、ストレスや疲労が蓄積すると脳はより酸素を必要としますので、いびきをかきやすい状態になります。

■普段から口呼吸している
寝ているときに口呼吸をすると、舌がのどのほうまで落ち込みやすくなります。その結果気道が狭くなってしまうのです。狭い気道に無理して空気が入り込もうとするので、その気道を空気が入るときに粘膜が振動し、音が発生します。そのため、口呼吸をしている人は、いびきをかきやすくなります。

■喉の内部に脂肪が付いている

太っている人は、のどの内側に脂肪がついているので気道が狭くなりやすいです。これも口呼吸の時と同じ状態で、よりいびきをかきやすくなります。いびきは中年の人、というイメージが強いのは、年とともに代謝が衰えて脂肪がつきやすくなったり、筋肉が緩んで気道を狭くさせ、いびきの発生につながります。

寝れない…。いびきを鎮めるには…?

【解決策①】体を触る

腕を触ったり、足を軽く蹴ったり、身体を触るとイビキがスッと止まることがあります。顔を触ったり鼻をつまむ方法もアリです。
他にも、枕を少しズラしてあげると、喉の気道が確保されてイビキが解消されるというケースもあるようです。「ねぇねぇ」と軽く起こすくらいの気持ちで声をかけるやり方も良いですね。

大声で起こしてしまうと不機嫌になる可能性もありますので、起きるか起きないかくらいの刺激を与えてあげましょう。

【解決策②】横を向いて寝かせる

仰向けで寝ると、舌が喉に詰まって気道が狭まってしまい、イビキをかく原因となってしまいます。
そのため、上を向いて寝ていたら横に体勢をを変えてあげるといいでしょう。

ゴロンと転がして横向きにさせても案外気づかなかったりします。
ただ、背中を向けられるとちょっと切ないので、彼女を抱きしめるように寝たり、二人が深い眠りに就くまで横向きになっていると気にならないかもしれません。

いびきをかいていることを彼女を気づ付けず伝えるには…?

<指摘の仕方①>会話の中でさり気なく伝える
毎日ではないけどイビキをかく彼女には、会話の中でさり気なく指摘してみましょう。

彼氏:「最近疲れてない?」
彼女:「どうして?」
彼氏:「夜中にイビキかいてたから…」

初めて彼女のイビキを指摘する場合や、あまり付き合いが長くない場合は、男性も指摘しづらいばかりか、彼女もイビキをかいていることに対して無自覚だったり、彼氏に指摘されて恥ずかしいを思いをしてしまいます。笑いながら「イビキかいてるよ」と言われたら恥ずかしさもあって不機嫌になること間違いなし…!

ポイントは、すごく言いにくそうな雰囲気を出すこと。
そのイビキを指摘する突破口として、「疲れてないかが心配」という優しさを前面に押し出して指摘してあげることが肝心です。

<指摘の仕方②>イビキをかいていることを直接伝える

彼女のイビキが連日続くようであれば、体調が不安定なのかもしれません。
彼女と比較的なんでも言い合える関係であれば、「最近イビキが酷いみたいだけど大丈夫?」と体調を気遣いつつ、イビキをかいていることを指摘してあげましょう。

最近ストレスを感じている、運動不足で肥満気味などの場合は、二人で身体を動かす運動をはじめてみるのもいいかもしれませんね。

これがあれば大丈夫!?いびき防止のおすすめアイテム!

1 2