1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

新元号の発表まで1ヶ月

飛鳥時代の「大化」に始まり、現在の「平成」は247番目。

100案以上から選ばれるようで

新元号案をめぐり、政府はこれまでに学者から100以上の提出を受けているという。

永田町では「〈安〉の字が採用されるのではないか」との冗談ともつかない噂が流れている。

ネットでは様々な噂が飛び交っており

今回、政府は日本の古典に由来する候補も含めて絞り込みの最終調整にあたっています。

安倍首相は周辺に対し、「元号の出典は日本で書かれた書物がいい」と話しているというのだ。

元号の選定にあたって各界の有識者から意見を聞く懇談会のメンバーには、複数の女性を起用する方向で検討を進めています。

気になる新元号選定の基準は・・・

元号の条件は「国民の理想としてふさわしい意味を持つ」、「漢字二文字」、「書きやすい」、「読みやすい」など6項目

それ以上の縛りはなく、中国の古典に典拠を求める規定もない。

過去には、落選後に選ばれた元号も

候補に選ばれたものの落選した元号も多く、例えば「明治」は室町時代2回と江戸時代8回の計10回

「大正」は鎌倉時代末期と江戸前期で計4回、「平成」は幕末に1回落選した末、元号に選ばれている。

明治・昭和・平成と続いてきたが・・・

明治は「M」、大正は「T」、昭和は「S」、平成は「H」。

明治はM、大正はT、昭和はSですので、それ以外のアルファベットになるようにと、Hの平成になったという事情があります。

今回の元号選定でも、新元号のアルファベットの頭文字が「M・T・S・H」以外のものになるだろうというのは、すでに共通認識

1 2