1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

iemadoriさん

「手に職をつける」の意味

、「専門的なスキルを身につけて所属団体の動向に振り回されずにお金を稼ぐことができる状態」、これを「手に職をつけた状態」と呼ぶ

手に職をつけるメリット・デメリット

手に職をつけるメリットやデメリットについても解説します。

メリット:職を失うリスクが少ない

技術は一生モノです。手に職をつけている人材は、そのスキルを求めている職場がある限りは仕事を失うことがありません。またそもそも、需要の大きいスキルを持っている人材は貴重なため、失業するリスクが低いというメリットもあります。

メリット:アピールポイントになる

通常、転職活動の際には「どうやって自分をアピールしよう?」と頭を悩ますわけですが、手に職をつけていれば明確なアピールポイントになるため、そのエネルギーを節約することができます。

メリット:独立しやすい

手に職をつけることの最大のメリットとも言えるのが「独立」です。手に職をつけていれば会社員としての給与もアップする可能性が高いわけですが、もし「フリーランスになりたい」と考えた時に、そのスキルをもって独立開業することが可能です。

デメリット:資格取得に時間やお金がかかる

単純に、資格取得などをもってスキルを身につけるためにかかる時間的コストのことを考えなくてはいけません。資格の種類にもよりますが、一般的には「稼げる資格」ほど大きな時間やお金がかかります

デメリット:技術の需要がなくなる可能性がある

大きなコストを支払って手に入れたスキルが、必ずしも大きな需要を引き寄せるとは限らない……というのも、辛いポイントです。

デメリット:報酬が低い仕事も多い(手に職がある=給与が高いではない)

「手に職をつけたからといって必ずしも高給であるとは言えない」ということも忘れてはいけません。職業によってピンきりですが、たとえば介護業界は他の産業よりも月収が10万円ほど低いと言われているように、スキルを持ってしても報酬が低い仕事も多く存在するのです。

手に職つけるおすすめ資格

近い将来、職を失って途方にくれないためにおすすめの「手に職」となる仕事や資格やスキルなどをご紹介します

登録販売者

登録販売者とは、2009年の規制改革による改正薬事法にて新設された、一般用医薬品販売の資格である。

出典ウィキペディア

1 2 3