1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

普段からの積み重ねが大事!成功者は「多様性」を最も重視する

成功者のある共通点として「多様性」があります。普段から意識することにより自分自身をいい方向に導いてくれます。

更新日: 2019年03月04日

88 お気に入り 45082 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■成功者

1日に新車のフェラーリを2台買うような経営者や、国内外に別荘を持っている投資家、40歳を過ぎても20代のような外見をしている美魔女など、様々な人

成功者には特徴と共通点があります。成功する人はどのような考えを持ち、どのように生きているのか。

■その成功者の共通点の一つとして「多様性」がある

多様性(たようせい)とは、幅広く性質の異なる群が存在すること。性質に類似性のある群が形成される点が特徴で、単純に「いろいろある」こととは異なる

アイデアの多様性、価値の多様性、働き方の多様性など、さまざまなシーンで語られる「多様性」という言葉。

多様なバックグラウンドを持つ社員は、自分と同様の立場にある消費者やクライアントの、これまで満たされてこなかったニーズに耳を傾けるのに向いている

■成功者は自分がムカつく本にも興味を持つ

成功する人・高い成果を出す人たちには共通する「思考と行動パターン」があります。また「成果が出ない人たち」にも共通のパターンがあります

貧しい人は、自分と価値観が同じ本を「良い本だ」と評価する一方で、価値観が異なる本を「ダメな本」として切り捨てる

成功者は、自分と反対意見の本もまた「何それどういうこと?」と興味を持ちます。「何言ってんだコイツ」と感じた本にも手を伸ばします。

■多様性への許容度を高くすることが大事になる

彼らは「価値観は人によって違うもの」と多様性への許容度が高いので、誰かの本を自分の価値観だけで良い悪いなどといった評価はしない

そうやって本の内容と知的格闘を繰り返すことにより、自分の価値観や判断軸がより洗練されてくる

事実、新たな市場の機会を特定し、アプローチしていくうえで、彼らの知見は必要不可欠なもの

色々な考え方、知識が可能性を広げます。

■ビジネスにおいては「ダイバーシティー」という言葉がよく使われる

「ダイバーシティ(多様性)」という言葉を聞くようになって数年が経つ。世間の流れと同様に、自分の働く会社も推進に積極的だ。

性別、年齢、人種などさまざま違いを持った人材がお互いに尊重し合って働ける環境のことを指します。

多様な、違うものが融合することによってまったく新しいものが生まれます。化学反応のような変化ですね。ビジネスでいうとイノベーション

■企業がダイバーシティを成功させるには「環境作り」が大事になる

企業が主体的にダイバーシティを推進する目的とコミットメントを持つことがスタートポイントとなる。

多種多様な社員の違いを認め受け入れ、適切な仕組み、コミュニケーションの方法や人事などの環境整備を推進していくことが不可欠

超明るい人と超暗い人がちゃんと同居しているというのは、なかなかない組織

色々な人が同様にパフォーマンスを発揮できる環境作りが必要になります。

1 2