1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

最近読んでる?「週刊ヤングマガジン」おすすめ連載作品

人気男性マンガ雑誌「週刊ヤングマガジン」に連載中のおすすめ作品。『ザ・ファブル』&『アルキメデスの大戦』(共に映画化)、『私の少年』、『ソウナンですか?』、『NeuN』、『アンダーニンジャ』。(2019年3月時点)

更新日: 2019年03月14日

17 お気に入り 8507 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『ザ・ファブル』(南勝久)

どんな敵も鮮やかに葬り去る“殺しの天才”通称ファブルは、相棒の女とともに、日々、裏社会の仕事をこなす日々‥‥。だがある日、ボスの突然の指令を受け、“一般人”として、まったく新しい生活を送るハメに‥‥。

今週のザ・ファブル、めちゃくちゃ面白いな。新作の漫画を読んでこんなに新鮮に笑ったのって何十年ぶりだろうか。傑作じゃないか。前作もそうだったけど、南勝久先生は近年稀に見るすごい漫画家だと思う。

南勝久『ザ・ファブル 15』読了。山岡が怖すぎて鳥肌が立つ。前巻から続く日常に不穏な影が差してくる感じにゾクゾクする。殺し屋たちの物語という非日常を日常として見せてくれるリアリティ、人間くささ。それが楽しくもあり、緊張感を生む毒にもなってる。怖い!でも面白い! pic.twitter.com/OCMPiyWqwr

南勝久「ザ・ファブル」すごーく面白い お休み中の殺し屋「ファブル」がかっこよすぎる❗️❗️ 全然普通じゃないのに、一生懸命普通になろうと努力してたり、ミサキちゃんのことは本能で守ってる感じがたまらん 表紙の絵も毎回迫力があって素敵だ pic.twitter.com/qTSSISp67H

◆『アルキメデスの大戦』(三田紀房)

不穏な空気が世界に漂う1933年。日本海軍の中で、巨大戦艦の建造を必要とする派閥と、次世代の海戦を見据えて巨大戦艦を不要とする派閥が権力闘争を繰り広げようとしていた。どんぶり勘定が甚だしい戦艦の建造費を正すため、数学の天才と謳われる櫂直が奔走する。

アルキメデスの大戦ってマンガ読んでるけど超面白い!!!! 第二次大戦前の日本海軍の話なんだけど読んでほしい

これ超オススメです!三田さんの最高傑作になるかも RT @mangahonz: ホリエモン的このマンガが面白いから読んでみて!『アルキメデスの大戦』 - マンガHONZ https://t.co/g7B2iZB212 pic.twitter.com/AmyMw7KVIJ

「アルキメデスの大戦 / 三田紀房」作者の最高傑作感ある。この人の基本的な バーンと極論を言う →皆驚いて反論 →主人公が有能に実行、 という流れにバトル要素入れて万人に面白い、というスタイルが、本作では踏襲されつつもスケールが最も大きく、人情要素もあり、それもわりかし光ってる。

◆『私の少年』(高野ひと深)

この感情は、母性?それとも--。スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は、夜の公園で12歳の美しい少年、早見真修と出会う。元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。それぞれが抱える孤独に触れた二人は、互いを必要なものと感じていく--。

この神漫画みんな読んで どの年齢層、性別でも絶対面白いから ただの恋愛漫画から卒業しよう 私の少年/高野ひと深 pic.twitter.com/xe0qggD6hg

高野ひと深『私の少年』4巻(双葉社)。 聡子と真修、2人の感情の名前を何と呼べばいい? 今回は真修視点。14歳のひたむきな想いが眩しい。傑作です。 #今週読んだ漫画 pic.twitter.com/IkFKBgmLKm

『私の少年』高野ひと深 こちらもアクション創刊5周年セール対象。 1巻が無料、2巻が¥270(60%オフ) 30歳女性と12歳の美少年の関係を描いた傑作。人は時として恐ろしく孤独で、そんな時には年齢など関係なくなる。瞬間そこにあるのは針のような痛切だ。 https://t.co/145zbYKHUM pic.twitter.com/jOPq35Y0iU

◆『ソウナンですか?』(原作:岡本健太郎 漫画:さがら梨々)

飛行機事故のせいで…。今日から青春、無人島っ……!!なんにもないからーー、なんでも作る!!なんでも食べる!!!!(泣)知恵と勇気の無人島JKサバイバル。あたしたち、けっこう元気です!

#本棚の左上から1タイトルずつ漫画紹介 16.ソウナンですか?/岡本健太郎 ソウナンですよ。遭難です。 無人島サバイバルだ!女子高生だ!面白くないわけがない!! サバイバルの時点で面白いしこれを読めば遭難しても生きてけると思っちゃうよね!しかもさらに女子高生!! やべーぞやべーぞ!ウワー! pic.twitter.com/sO5WMV9XhL

「ソウナンですか?」4巻。相変わらず面白い。ギスギスなしで進むのがいい…が、どうまとめるかはまだ見えないな。アニメも楽しみ。

◆『NeuN』(高橋ツトム)

ナチス政権下のドイツ。血のつながっていない両親とのどかに暮らしていた少年フランツ・ノインは、突然ナチスの襲撃を受ける。ナチスは密かにヒトラーの血を持つ13人の子供をつくり、ドイツ各地で育てていたのだが、何らかの理由で彼らの抹殺を決めたらしい。

これも面白い。高橋ツトム先生の『NeuN(ノイン)』。ヒトラーの血を継いでる13人の子供を巡る物語。内容と絵のタッチが相性良すぎ。 pic.twitter.com/b3URvI6QoL

高橋ツトム先生「NeuN」 めちゃくちゃ面白い。これ創作よね?史実元にしてんのか?と思うくらい、ありそう。ありそう、と感じさせる。

1 2