1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼子供向けの人気雑誌

小学館が発行している幼児向け雑誌。創刊は1932年。

みんなが大好きな人気キャラクターが、本誌のいたるところに登場。キャラ情報だけでなく、知育・学習記事も満載。

心も体も頭もいままで以上に成長する3・4・5・6歳。あれもやりたい、これも知りたい、大きくふくらむ好奇心や感じる心を育てていく。

▼現在発売中の「幼稚園」4月号

昭和二十九年創業の人気らーめん店「幸楽苑」とのコラボ付録です。トングで上手に具をのせて、メニューカードの通りにラーメンを完成させましょう。箸と麺が自動で動きます。

麺を持ったハシがひたすら上下するその姿は、いよいよちょっと古めのラーメン店やそば店の店先に置いてある、麺が自動で動く看板そのまま。

▼しかもこの付録の凄い所は

なお幼稚園の付録はこれまで電池で動くものが多く、てっきりこれもそうだと思っていましたが、これは電池は使わずにぜんまい仕掛けで動きます。

ネット上で「凄い」「どうなってるの?おいしそう」「シュールすぎる」「じわじわくる」「いつも付録が凝りに凝ってる」「めっちゃ欲しい」と話題になっている。

これ組み立て式の付録で、ゼンマイじかけのペーパークラフトなんだけどツッコミどころがありすぎるしこのギミック好きすぎるし麺は輪ゴム。 【幼稚園 2019年 04 月号】 amzn.to/2SwzMV7 pic.twitter.com/vrxdCejIue

@arakihaya 今発売中の小学館の「幼稚園」の付録ですよー ゼンマイのギーコギーコ音がたまりませんww

▼付録がスゴイ事は今回が初ではなく

同誌はこれまでにも、本格的なガシャポン付録や回転寿司の付録など、驚くべき発想とこだわりの付録を続々と生み出している。

「幼稚園」付録のメダルゲームが凄ぇ。セガと公式にコラボしたうえ、メダルを落とす電動機構まで搭載されてるとか、もう付録の域を軽く超えてる…。帰省してる姪っ子たちと遊び倒してしまった。 pic.twitter.com/SgxiyhoP2N

話題になってた幼稚園の付録のガチャポン相方と一緒に作ってみました笑 pic.twitter.com/UWBezbkHpN

企業コラボシリーズが始まってからの売り上げは「上向いている」そうで、ガシャポン(2018年10月号)とメダルおとしゲーム(2019年2月号)が付録になった2号は、1~2週間で10万部が完売したという。

1 2