1. まとめトップ

危険なタイプが多い!精神的に追い詰める人の特徴

相手に対しやることなすこと否定したり、失敗やミスに対して大声で怒鳴ったり罵ったりと、精神的に追いつめては優越感に浸るという最低な人たちがいます。暴力を使わないだけに質が悪く心理的な攻撃をしては楽しんでいるわけです。そんな人には自信のなさ、負けるのが怖い、敵対心など心理が働いているようです。

更新日: 2019年03月05日

7 お気に入り 3136 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・自信がない

弱い犬ほどよく吠えるとはよくいったものですが、このタイプは自分に自信がありません。しかしその自覚はなく、無意識に防御として攻撃を加えてきている可能性があります。

もし自分に自信があれば、わざわざ相手を追い込み見下すことで、自分の立場を上げようなんて考えませんよね。自分は弱い人間ではない、と相手に行動で示すことにより、必要以上に相手から介入されないよう拒んでいることが考えられます。

・敵対心をもっている

相手をあなたのことをライバルであり、自分の立ち位置を脅かす存在だと認識している場合もあります。新しい会社に入ったとき、最初は友好的だったのに、会社に慣れるにつれて人が変わったようにわざと嫌味なやり方であなたを追い詰めてくる先輩に出会ったことはないでしょうか。

その先輩はあなたが皆から可愛がられているのを目にし、自分の社内での立ち位置があなたにとられることを不安に感じ態度を豹変させたと考えられます。

あなたの失敗を社内で言いふらしたり、周りに聞かせるように大きな声で叱ったり、同僚の皆もあきれてるよと吹き込んだりして、あなたの居心地を悪くすることで自分のテリトリーを守る狙いがあります。

・心理的な攻撃を楽しんでいる

暴力よりもわかりにくく、しかし確実に精神を蝕むのは、心理的な攻撃です。目には見えないものなので、周囲もその状況に気付きにくいのが仇となり、その攻撃はどんどんエスカレートしていきます。

もしかしたらその攻撃はあなた個人だけに向けられたものであり、周りからしたらその相手はとても良い人と認識されているかもしれません。相談したらむしろ自分が責められるかもしれないと思うと、誰にも言い出せず、さらにストレスは溜まっていきます。

このタイプはあなたが潰れてしまうまで徹底的に痛めつけ、周りを味方につけることでさらにあなたに絶望感を与える、非常に危険な相手です。相手の喜怒哀楽に共感できない、サイコパスと呼ばれるタイプの人間である可能性もあります。

・相手の気持ちを考えない

精神的に追い詰める人は、基本的に相手の気持ちを考えていません。普通なら誰かを叱る時に「これは言ってはいけない」という境界線のようなものがあります。しかし精神的に追い詰める人は感情やその時の気分で何でも言ってしまうのです。

さらに相手の気持ちを考えないため加減が分かりません。そのため何回も同じことを言ったり、立ち直れなくなるほど人を追い詰めたりするのです。それこそ大人数の前でわざとミスを指摘したり、関係のない家庭事情を悪く言ったりもします。

・協調性がない

相手を思いやる気持ちが少しでもあれば、人はどこかで相手を責めることをやめるもの。さらに精神的に追い詰めたところで何のプラスにもならないと気が付きます。

それがいつまで経ってもできないのは、「自分さえ良ければいい」といった協調性の無さが原因になっているかもしれません。

・負けるのが怖い

自分が抜かされる、性格的に負けるのが怖いため周りの人間を精神的に追い詰めるのです。中途半端な強さは自分を取り繕うのに精一杯になる、自信の無さから自分を強く見せようと必死な心理なのかもしれません。

このタイプの人は相手からの反発などに弱い傾向にあるため、精神的に追い詰めてくるならハッキリと意思表示するのが大切でしょう。外面の強さを作っているだけなので、簡単に折れてくれるかもしれません。

■浮気バレで「もう限界…」 夫を精神的に追い詰める妻の仕打ち

自分が悪いのはわかっているけれど、「いくらなんでも無視し続けるのはやめてほしい」と訴えるのはヨシノリさん(40歳)

「ほんの出来心だったんです。もちろん関係があったことは認めていない。認めないのは妻を傷つけたくないから。そのうえで、誤解されるようなことをしたのは申し訳ないと謝ったんですよ。毎日土下座し続けた。

それなのに、妻は僕が話しかけても無視、自分が言いたいことはメモにするか、子どもを使って聞いてくる。2ヶ月くらい我慢したけど、このままでは小学生の子どもにも悪影響があると思ったので、子どもが寝てから『このままじゃ、子どもにもよくない。どうしたら許してくれるんだ、どうしたら口をきいてくれるんだ』と妻に訴えました。妻はちらりと僕を見て、『それはあなたが考えることでしょ』って」

無視が一番堪える

1 2