1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

人不足の昨今、円満退職が難しくなっていると話題に…辞める時は正しい順序を踏みましょう

昨今は人材不足です。正社員はおろかアルバイトまで、人材不足になっているというのはニュースを見られればわかる通りです。ですから、そういった会社で円満退職は難しいわけなので、今回はしっかりと円満退職をする方法を考えていきたいと思います。辞め方は重要ですよ。

更新日: 2019年03月05日

6 お気に入り 9080 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

昨今は人材不足が慢性化している

パート・アルバイトを多く雇用する小売店や飲食チェーンなどの人手不足は深刻化しており、企業は人員確保に頭を悩ませています。

採用がうまくいかない原因の1つには、「企業(そこで働く人)に魅力を感じない」という点が挙げられます。

それを解決するためには、まず従業員が生き生きと働いている状態をつくる必要があります。そのためにキャリアアップ研修を設けるなど教育を手厚くすることが求められます。

円満退職も難しくなっている

日本の社会はグローバル化に巻き込まれているとはいえ、今だに「村社会」的な雰囲気が強いです。

そのため辞められたら後が困るとか、人がいないから大変というような事を言われ引き止められ、ズルズルと続けてしまうパターンも多い。

特に人不足の昨今は…

もしあなたが今の会社の事を変に気づかってしまい、「辞めたいけど辞めれない」ままでいると、改善できたはずの未来をみすみす逃してしまうことになりかねません。

「そろそろ転職したい」とは思っていても、次にどんな仕事をしようか決めかねている方は多いはず。

応募する企業によって人材に求められることは異なるため、転職活動ではそれぞれの企業に合わせた対策が必要となります。

いつを退職日にするかで得したり損したりすることもあるので「だいだい○月くらいに‥」とおおよその退職日を考えている人は、退職日を決めるポイントを押さえ少しでも得する日を退職日に設定できるよう参考にしてください。

しかるべき手段を取りましょう

次の仕事へスムーズに繋げるためにも”円満退社”を目指ししっかりとスケジュールを立てていきましょう。

退職の意思表示は退職日の1カ月半~2カ月前までを目安に、直属の上司に相談という形で切り出すのがポイント。先に同僚に話すのは論外だし、意思表示にもマナーはあると心得よう。

「給料が低い」「休みが少ない」「残業が多い」「同僚と仲が悪い」「仕事のやる気がなくなった」など本音であってもネガティブな退職理由ばかり並べていても会社や上司は納得しません。

握手して、別れれば円満退職ができますし、今後の付き合いもできるというものです。同業者ならなおさらでしょう。

悪い印象を与えて円満退社といった形で退職出来る可能性も低くなってしまいます。ネガティブな理由であってもポジティブな理由に言い換えて伝えることがポイントです。

全く関係のない理由を伝えるのは信頼・信用面で問題となる可能性もあるので注意が必要ですが、表向きの理由としてこれらを参考に退職理由を考えてみてはいかがでしょうか。

世の中には人手不足だからこそ、社員にしっかり向き合ってくれる会社も多数存在します。

様々な声が…

円満退職は大事。でも言ってる通り心身壊す危険があるときは遠慮しなくていいから。どうしようもない時もあるし、円満退職はできるに越したことないけどできなかったとしても自分を責めちゃダメ。 twitter.com/office_sgk/sta…

3年内離職率が会社の質を見る上でよく使われているけど、6か月以内離職率とかの方が重要だと思う。(2年間働いて円満退職するケースは最近増えてるけど、6か月以内離職は明らかに会社側に問題がある場合がおおい。個人の感覚です)

1 2