1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

canty0628さん

▼観光地などで多く見られる

その土地の名物料理や珍しい食べ物を、あちこち食べて回ること。

日本の食べ歩きと言えば、たくさんありますよね。商店街にある出店や、夏祭りや花火大会の屋台など色んな場面で食べ歩きをします。

外国人のツアー客の中には、時間があまりないことから、お店に入らずに食べ歩くことができる「食べ歩き」を楽しみにする人も多いようです。

▼そんな楽しい食べ歩きですが・・・

浅草寺の雷門から宝蔵門に通じる参道にある「仲見世通り」には、多くの店がひしめき合い、観光客にとっては食べ歩きが楽しみのひとつとなっている。

現在は東側に54店、西側に35店、計89店の店舗をかまえており、長さ約250mの参道は連日多くの人で賑わう一大観光地となりました。

現在、浅草の仲見世通りでは「食べながら歩く」行為を禁止しています。多くのお店でイートインコーナーなど指定の場所がある。

浅草を食べ歩き✨と言いたいところですが、仲見世通りは最近食べ歩き禁止のお店が増えているようで、お店の前で食べてから移動をしていました勝手に食べ歩き出来るイメージでしたけど、よく考えたらお行儀良くないもんね 気持ちよく回れるのが一番 次行く時はそれをふまえて時間配分をします! twitter.com/namitasuuu73/s…

@nekopapa1967 中はジューシーでした 食べ歩き禁止で 警備員さんがいて ここで食べてね…と すごい行列でした 浅草仲見世通りギュウギュウやったよ〜 pic.twitter.com/aRI33ri71D

▼問題となっているのは

食べ歩きをする人の中には、食べ歩きながらお店の洋服や手ぬぐいを触ってしまう人がいるので、商品が汚れてしまうと、今問題になっています。

東京浅草の伝法院通り商店街では食べ物を持ったまま入店することで商品が汚れることがあったため、食べ歩きを禁止し店の前で食べてもらうことを呼びかけている。

これ浅草でもよくあるんだって…マジで商品で手拭う奴とか居るから… ちなみに今仲見世通りは食べ歩き禁止だよ twitter.com/iamdoyasa/stat…

お店に揚げまんじゅうとかクリームメロンパンとかイチゴ大福とか食べ歩きしながら入ってくる人にも、店内で写真を撮る人にも洩れなく禁止の声掛けするけど「お前!食べ終わったからって、その手で商品を触っていいと思ってんのか!?」と思うこと多々・・・。

観光地での食べ歩きは楽しくて好きなんだけど、観光客のマナー違反で禁止になってるみたい。 とても迷惑。 汚れた手で商品に触れるとか考えられないんだけどなぁ。 ま、基本マナーは守るべきだと思うね。

▼そんな中、鎌倉市の条例案が話題に

高徳院の大仏や鶴岡八幡宮など古都の雰囲気が感じられるのが魅力のひとつ。小町通りには多くの観光客の姿。店でテイクアウトしたスイーツを食べ歩く人も。

1 2