1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

VTuberから“バズる”まで!「ネット」がキーワードの春ドラマに注目

時代を反映して、ドラマにも毎クール登場するようになったネットやSNS。2019年4月期春ドラマには「ネット」がキーワードとなりそうなドラマが多数。『向かいのバズる家族』、『デジタル・タトゥー』、『四月一日さん家の』、『神ちゅーんず 〜鳴らせ!DTM女子〜』、『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』。

更新日: 2019年04月02日

1 お気に入り 2111 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『向かいのバズる家族』(木曜夜11時59分、日本テレビ)

「仮面ライダードライブ」「おっさんずラブ」などの出演作で知られる内田理央が、4月4日から読売テレビ・日本テレビ系で放送されるドラマ「向かいのバズる家族」に主演する。

本作は、SNSをめぐる家族の崩壊と再生を描く、新しい形の家族ドラマ。主人公は、カフェの店長を務める、篝(かがり)あかり。真面目で周囲からの評判も良い女性だが、夜な夜な黒いバッグを抱え向かう場所があり、まったく違うもう一つの人格を持っている。

そんなあかりは、ある動画をきっかけに「バズる」ことに。やがて、平穏に暮らしていた彼女の家族はSNSの世界にのめり込み、翻弄されるようになっていく。

脚本を手がけるのはマギー。ドラマ「100万円の女たち」や映画「デイアンドナイト」で知られる藤井道人らが監督を務める。

◆『四月一日さん家の』(金曜深夜0時52分、テレビ東京)

史上初のバーチャルYouTuber(VTuber)主演によるドラマ『四月一日(わたぬき)さん家(ち)の』が4月からテレビ東京系にて放送される。

四月一日(わたぬき)家の三姉妹のリアリティーあふれる会話によって、繰り広げられる日常系シチュエーションコメディー。

個性もキャリアも異なるバーチャルYouTuber(通称“VTuber”)のときのそら、猿楽町双葉、響木アオが新たな表現の場として集結。スタッフには各界のプロフェッショナルがそろう。

VTuberとは、コンピューターグラフィックスによるキャラクターとして動画サイトに投稿するYouTuberのことで、日本だけでなく世界中で活躍。国内だけでも6000人を超えるといわれる。

◆『デジタル・タトゥー』(土曜夜9時、NHK)

左から高橋克実、瀬戸康史、唐田えりか、伊武雅刀

元東京地検特捜部検事の岩井(高橋克実)と、20代の人気YouTuber・タイガ(瀬戸康史)がバディーを組み、“デジタル・タトゥー”に苦しむ人々を救い出すサスペンスドラマ。

「デジタル・タトゥー」とは、一度ネット上で公開された書き込みや画像は、消せずに半永久的に残ることから、それを「刺青(タトゥー)」に例えた意味を持つ。

インターネットに疎い“アナログ人間”の岩井が、タイガの真意を探りながら、インターネットに潜む“悪意”との戦いに挑んでいく。

◆『神ちゅーんず 〜鳴らせ!DTM女子〜』(土曜深夜2時半、テレビ朝日)

私立恵比寿中学と「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音

私立恵比寿中学のメンバーたちが、世界に通用する“神曲”を作るという夢に向かって突き進む女子高校生に扮する青春音楽群像劇。

楽器が弾けない女子高校生たちが、DTM(デスクトップミュージック)の制作に挑み、SNSを通じて世界に発信していくさまが描かれる。

◆『ひみつ×戦士 ファントミラージュ!』(日曜朝9時、テレビ東京)

2017~2018年に同枠で放送された「アイドル×戦士 ミラクルちゅーんず!」、現在放送中の「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」に続いて、三池崇史が総監督を務める“ガールズ×戦士シリーズ”の第3弾。

1 2