1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

駅まるごとだと…懐かしジャンプ漫画のコラボが半端ないって!

キャプテン翼の駅まるごとコラボにファンから歓喜の声…実はほかにもジャンプ漫画がものすごいコラボを展開しているんです!北斗の拳にドラゴンボール、そしてキン肉マンまで…漫画好きなら要チェックの情報をまとめてみました。

更新日: 2019年03月06日

10 お気に入り 95928 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

規模がデカすぎですw まさかの展開が話題に!

critical_phyさん

行くしかないやつ…「キャプテン翼」が四ツ木駅をまるっとジャック!

東京都葛飾区の京成電鉄四ツ木駅の構内が大人気サッカーアニメ『キャプテン翼』の装飾で全面的にラッピングされた。

入口やコンコース、階段などにアニメ『キャプテン翼』にちなんだラッピングを大々的に行うほか、アニメの名シーンを紹介するパネルも展示する。

ホームに上がると、なにやら聞き覚えのあるメロディーが。ダッシュダーッシュダッシュ! こ、これは……!! そう、四ツ木駅は列車接近メロディーも「キャプテン翼」なのだ。こんなん列車が接近するたび叫んでまうがな。

昨日四ツ木駅に行ってとっても楽しかったんですが、出口のサッカーボールデザインのライトに感動。 pic.twitter.com/k3tUMXXvzX

インパクトすごすぎ…「北斗の拳」がバスとコラボしている!

最終戦争により、荒廃し弱肉強食の世界になった世紀末を舞台に、一子相伝の暗殺拳“北斗神拳”の伝承者・ケンシロウが、愛と哀しみを背負い救世主として成長していく姿を描き出す。

『世紀末救世主伝説 北斗の拳』のタイトルでアニメ化もされた。ケンシロウの放つ決め台詞や、悪党たちの断末魔の叫び声などがブームとなった。

『週刊少年ジャンプ』での読者アンケートでは初回で2位を獲得。2回目以降は3年間にわたり1位を維持する人気作品となり、落ち込み傾向にあった『ジャンプ』を救う看板作品となった。

少し前、TVや新聞で話題となった「北斗の拳」ラッピングバス。北斗の拳の作者である武論尊氏が長野県佐久市出身であることから、そのご縁で実現したのだとか。

佐久―東京間で運行する大型の高速バス2台と、小型の市内循環バス1台。車体の側面や後部にはケンシロウの他、「ユリア」「ラオウ」らも描かれた。高速バスには「佐久市に来い!!」の文字も入れた。

「迫力がすごい」といった声がSNSなどで見られます。かねてからコミュニティバスで、市のキャラクターや花をモチーフにしたラッピング車両を走らせていましたが、『北斗の拳』と高速バスの組み合わせは、発信力という点では圧倒的です。

千曲バスさんの北斗の拳ラッピングバス!テンション上がります 車内のヘッドカバーも北斗の拳仕様です。 自分はレイで嫁さんはシンと南斗仕様でした! pic.twitter.com/l9e2A9TAp6

衝撃の売上…「ドラゴンボール」があの人気お菓子とコラボ!

世界中に散らばった七つの球をすべて集めると、どんな願いも一つだけ叶えられるという秘宝・ドラゴンボールと、主人公・孫悟空(そん・ごくう)を中心に展開する「冒険」「夢」「バトル」「友情」などを描いた長編漫画である。

連載が終了して20年以上経つ今も漫画やアニメ、ゲーム等のメディアを展開し、未だ「ジャンプ」の看板として君臨し、新規の読者を獲得し続け、世界的に高い人気を得ている。

劇場最新作「ドラゴンボール超 ブロリー」は18年12月14日に日本で公開されてから53日間で動員数300万9730人、興行収入38億9556万9200円を突破。米国やメキシコ、ブラジルなどでも公開。

『ドラゴンボール』とビックリマンが夢のコラボレーションをした、「ドラゴンボールマンチョコZ」&「ドラゴンボールマンチョコ超」が発売中です!!

「ビックリマンチョコ」は、おまけシール入りチョコレート菓子として1977年に発売され根強い人気があります。「ドラゴンボール」も1984年から連載が始まった漫画で、同じく根強い人気があります。

「Z」編と「超」編の2パターンを用意し、期間を区切って販売エリア(東日本と西日本)を入れ替えた。発売1カ月で550万個以上を出荷し、累計販売数で約700万個を記録した。

ドラゴンボールマンチョコ、悟天とトランクスのシール並べて専用サイトで撮影すると、ゴテンクスになる。これは激アツ。 bikkuri-man.mediagalaxy.ne.jp/news/479_drago… pic.twitter.com/k0q0s3VJmF

こんな楽しいサプライズも!

クオリティ高え…「キン肉マン」がまさかの図鑑とコラボ!

日本に住む人間を超越した存在・超人のキン肉マンことキン肉スグルが、仲間の正義超人と共に、次々に立ちはだかる強敵とリング上で戦っていく、プロレス系格闘漫画。ゆでたまごのデビュー作であり、代表作でもある。

WJでの連載は『キン肉星王位争奪編』で完結している。 しかし2012年、集英社のWEBサイト『週プレNEWS』にて24年ぶりとなる新シリーズの連載が始まった。 ジャンプコミックスでは38巻以降に割り振られている。

1 2