1. まとめトップ

パリピだけじゃない セレブのgetした 意外と『地味で堅実な出会い』

セレブというとどうしてもイメージするのは、毎日がパーティ。たくさんの美男美女の中を、ひらひらと上手く泳いでいくバタフライって感じですが、『地味で堅実な出会い』をgetしている人たちもいました。出会いは至る所にあるんですね。

更新日: 2019年03月09日

13 お気に入り 35301 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼『エミリー・ブラント』と『ジョン・クラシンスキー』の出会い

人気トーク番組で「悲しくてダサい話なのよ」と語り始めたエミリ
ー。「なんていうか、普通すぎるの。私はとあるレストランにいたの
。彼もそのレストランにいたの。私は彼と共通の友人と一緒にいたの
。そう、これが私たちのロマコメの始まりなのよ。私の友達が『オー
マイゴッド!あそこに友達のジョンがいるわ』って言って、それが
最初の出会い。なんてベタな展開なのかしらね(笑)」

ジョンが運命の人だってそのとき感じた?という質問には
「まあ、感じていたわね」と認めたエミリー。

ちなみに、エミリーの言う「共通の友人」とは『プラダを着た悪魔』で共演したアン・ハサウェイ。

▼『キャリー・マリガン』と『マーカス・マムフォード』の出会い

実は2人は幼なじみだそう。同じ教会に通っていたことがきっかけで
お友だちになり、教会の活動の1つとして子供の頃はずっと文通して
たとか!

なんてかわいらしいエピソードでしょう。大抵の人は、子ども時代
に大事にしていた友だちや思い出も忘れてしまいがちなのに、
2人はお互いの存在とやりとりをしっかりと胸に留めていたうえ、
大人になってから恋愛に発展させたのです。

▼『アンセル・エルゴート』と『ヴィオレッタ・コミシャン』出会い

人気若手俳優アンセルが、2012年からずっと付き合っているのは、
高校時代のガールフレンド、ヴィオレッタ。

彼女はプロのバレリーナで、2015年にアンセルは、<ELLE>で
彼女の魅力について次のように語っています。「僕が好きなのは、
『デートはできないわ、レッスンがあるの』って言うような女の子
なんだ。迎えに行くと、髪をお団子にして、レオタード姿で汗だくに
なってるようなね。こんなに最高な女の子はいないよ」。

▼『エディ・レッドメイン』と『ハンナ・ハグショー』の出会い

(エディは、)高校はイギリス一の名門校で知られるイートン校
出身であること。しかもウィリアム王子と同級生というから驚きです
。学生時代は一緒にラグビーをしたりとご学友として交流していた
ようです。

エディの父は銀行の頭取、二人いる兄は企業家と銀行の重役という超エリート一家の出身。エディ自身もケンブリッジ大学で美術史を専攻していた。

女子生徒がウィリアム王子めがけて駆け寄って行く中、ただ一人
地味エディに話しかけた女子生徒が。この女性こそ後に妻となる
ハンナ・ハグショーです。

ただこの時は、恋愛には発展せず友人としての交際がスタートしたそう。

▼『ジョン・ボン・ジョヴィ』と『ドラティア・ハーレイ』の出会い

ロックミュージシャンとしての派手なイメージとは裏腹に、
ジョンは意外なほど堅実な愛妻家。高校時代の恋人ドロシア・
ハーレイさんと1989年に結婚し、一女三男をもうけて順調な
結婚生活を送ってきた。

今年で、結婚30周年を迎える2人。

(しかし)27歳の時、指輪も準備せずにラスベガスの教会に
行って駆け込み結婚をしたジョンを待ち受けていたのは、怒り狂った
マネージャーからの叱責だった。レコード会社にも落胆を露わに
されたうえ、ジョンの母親もこの結婚にはいい顔をしなかったそうで
、まさに四面楚歌状態だったという。

▼『スティーヴ・カレル』と『ナンシー』の出会い

大学卒業後シカゴのコメディ劇団に入るもののパッとせず…。
俳優では食べていけないので、劇団スクールの講師のアルバイトを
始めます。そこで出会ったのが妻、ナンシー・カレルです。つまりは
教え子!先生と生徒。

スティーブ33歳で結婚します。この当時はまだスティーブは
ブレイク前。新婚当初は慎ましく生活していたそうです。

その後スティーブは、2011年経済誌『フォーブス』の「テレビ界で最も稼いでいる俳優」のランキングで、3位にランクイン。2014年公開の『フォックスキャッチャー』で第72回ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ドラマ部門)、第87回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされた。

▼『デボラ・アン・ウォール』と『EJ・スコット』の出会い

女優として花開くことを目指し、仕事に打ち込んでいた彼女の選択
は、世界的にもカップル成立度が高いとされているオンラインデート
の老舗「Match.com」への登録。

TVドラマ『トゥルー・ブラッド』の新米ヴァンパイアのジェシカは男性を誘惑するのが得意だけれど、演じるデボラのラブ・ライフはとても地味なのだそう。

デボラの興味を引いたのは堅実な男性、EJ・スコット氏。将来的
には失明してしまう遺伝性の眼疾患コロイデレミアを患うスコット氏
が彼女に病のことを打ち明けて「照明に過剰反応しがちなので、
暗い場所でのデートでもOK?」とデートを申し込んだのが、
デボラにはとても新鮮だったそう。

ブレイクする前だったのが幸いし、かなり多くの男性からアプローチがあったとのこと。しかし一途なデボラは、11年もの間交際を続けてきたスコット氏と、昨年ついに極秘結婚。2人は、チャリティー活動にも積極的に参加している。

▼『ジャスティン・ティンバレーク』と『ジェシカ・ビール』出会い

1 2