1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

卒業式の後の「謝恩会」に出たくない…と悩むママたちの憂鬱

そろそろ卒業式シーズンです。そんなシーズンを前に「謝恩会に出たくない…」と悩むママさんたちがいるようです。そんなママさんたちの意見をご紹介します。

更新日: 2019年03月07日

11 お気に入り 113980 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■そろそろ卒業式シーズンが到来する

3月の卒園・卒業式シーズンに向けて、そろそろセレモニースーツを探している人も多いのではないでしょうか?

まもなく迎える卒園・卒業式のシーズン!子どもの晴れの舞台を気持ちよくお祝いできるよう、ママも準備を整えておきましょう

全国的に3月17日(金)、3月24日(金)に卒業式が行われる小学校が多いようです。他には3月16日(木)、3月18日(土)、3月23日(木)に行うところも

中学校は3月10、15、16頃、高校は3月1日から第三週まで、大学は3月23,34日頃が多いようです。

■そして卒業式の後に「謝恩会」があるケースが多い

感謝の意を伝えるために開かれる会。ふつう、卒業生が教師に感謝する目的で開く会

幼稚園や保育園の場合は役員に選出された保護者たち数名によって謝恩会を企画運営し、園長先生やお世話になった先生たちに対しこれまでの感謝の気持ちやねぎらいの言葉を送ります。

■保護者が出席するというケースが増えている

最近では卒業する本人たちだけでなく、例えば幼稚園の謝恩会など、保護者が謝恩会を主催する例も増えている

中には「保護者がお子さまの卒業を祝う会」とするケースもあるようです。

学校によっては高額なパーティーが慣例化しているようです。そんな謝恩会によくみられるトラブルが、「強制参加」や不参加時の「強制徴収」

■そんな謝恩会に「出席したくない」という意見がある

先生やほかの子のママさんとお話しできることを楽しみにしている方もいれば、いろいろな事情から欠席したいと考えている方もいらっしゃる

午前中から夕方にかけて卒園式と謝恩会があります。疲れやすい体質で、気が乗りません。きちんと理由を告げればいいのでしょうか?

先生たちへ感謝の思いを伝える謝恩会。どれも思い出深い大切なイベントですが、これらを面倒に感じて早期退園してしまうママたちがいる

通称「2月退園ママ」。どこの園にも存在するわけではなく、現状ではまだ少数派ですが、年を追うごとに着実に増えてきている

■理由は「面倒」「金銭面が…」などが目立つ

費用が1万5000円もかかり、生活費用はすべて奨学金でやりくりしており、苦しい状況の中で参加する意思はないことを伝えた

年長に上がる頃には普段のママ友とのランチ会もとても気疲れしていたので、正直面倒だなと思うように

人から話しかけらないタイプですし 自分からも話しかけないタイプです。それに話しベタで 人と何を会話したらよいのか見つけ出せません

■ネットからも「行きたくない…」という声が

1 2