1. まとめトップ
  2. カラダ

実は夏よりも臭くなる! 春先に体臭がきつくなる原因と対策

3月の後半に入ると、徐々に春めいていき、過ごしやすくなってきます。何をするにも快適な季節ではありますが、臭いに注意が必要です。実は、春は夏以上に臭いやすくなると言われています。

更新日: 2019年03月07日

8 お気に入り 2585 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

usqjsutyさん

過ごしやすい春、体臭がきつくなる!?

過ごしやすい春ですが、臭いをしっかり行うようにしましょう。実は夏以上に体臭がきつくなると言われています。

陽気のいい日、じんわりと汗ばむようになり、なんだか臭うかも……と体臭が気になりだす人は少なくないようです。 体臭といえば汗をかく夏のイメージが強いですが、実は春のほうが体臭はきつくなるといわれています。

春に体臭がきつくなる理由

汗をかきにくい冬は、汗腺も低下しがち。このような状態で汗をかくと、体臭の原因となる質の悪い汗が分泌されるのです。

冬は気温が低く、日常生活で大汗をかくということはまずありませんよね。そのため、多くの汗腺が休眠状態になるのだとか。

春になってじわじわと汗をかくようになっても、汗腺機能の回復が間に合っていないと体臭の原因となる質の悪い汗が分泌されてしまうことに。

暖かくなると、皮脂の分泌も活発に...。
そうなると、肌がテカリやすくなますし、対策しないと臭いを招くことになります。

「なんか臭い」と、自分の顔のニオイが気になることはありませんか。これは、オイリー肌(脂性肌)が原因かもしれません。

毛穴に皮脂が溜まることでニキビはできてしまうので、男性ホルモンの分泌が増えることは結果的にニキビが増えやすい肌環境を作っていくことになります。

肌荒れにも!

冬場には運動量が減ります。その影響で内臓も低下。それが影響して、臭いもきつくなると言われています。

冬の間は寒さから身を守るために皮下脂肪が蓄えられていますが、暖かくなるとその脂肪は溶け出し、肝臓で分解・浄化されます。

そのため、肝臓は他の季節よりもオーバーワークになりやすく、分解しきれなかった脂肪が血液を汚し、体臭につながるとのこと。

どんな対策が必要!

弱った汗腺を回復させるには、汗腺トレーニングが効果的です。汗をかく習慣をつけるようにしましょう。運動だけでなく、半身浴や足湯などもいいでしょう。

最も効果的なのは、適度な運動を定期的に行うことです。運動によって血行がよくなり、代謝も高まるので汗腺機能が向上するだけでなく、体内の老廃物がより効率よく排出されるようになります。

自宅で手軽にでき、お湯の温度が低いため、体への負担も少ないのがポイントです。
38~40℃くらいのお湯を、胸の下あたり、心臓よりも下までがつかるように湯船に用意します。入浴時間は1回20~30分が目安。入浴前、入浴中、入浴後と、意識して水分を十分に補給して、十分な発汗をうながしましょう。

半身浴で汗をかく

皮脂によるテカリや臭いが気になる場合は、メイクで皮脂をカバーしたり、スキンケアを徹底するなどして、皮脂対策を行うのが大切です。

当たり前ですが、女性は女性用コスメを使っていると思います。でも、皮脂に悩んでいるならメンズコスメも視野に入れるべきです。

男性向けのメンズコスメも視野に

保湿で最も大切なポイントは、洗顔後のスキンケアです。
洗顔後は汚れと同時に皮脂も落ちているため、脂性肌とはいえ油分が不足しており乾燥しやすくなっています。そのため洗顔後は化粧水でスキンケアを行い、皮脂が出にくい状態にしましょう。

まとめ

臭いを気にせずに、快適に春を過ごすためにも今のうちから臭い対策を始めるのもいいかもしれません。

1