1. まとめトップ

無表情は絶対ダメ! 接客のお仕事に、笑顔が必須なその理由

人と接する仕事において、基本的なスキルのひとつとして必要とされる「笑顔」。友人や恋人、家族と過ごしている時には自然に浮かぶけど、いざ仕事となると案外難しかったりしますよね。そんな人に向けて、「笑顔」スキルが必要なその理由をお届けします♪

更新日: 2019年03月08日

2 お気に入り 3548 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

バイトやパート初心者さんから、新入社員として働き始める人まで、ありとあらゆる接客のお仕事に携わる人に向けて今回の記事をお送りします♪

kyoca52さん

そもそも、接客の仕事はなぜいつも笑顔でいないといけないの?

お店での長い勤務時間中、
働いてる方も人間なんだしずっと笑顔をキープしておくなんて無理。

それに、対面でずっとニコニコしているなんてなんだかバカみたいにも思えるし…
表情筋だって疲れちゃうし。


普通の表情でも、別に問題ないんじゃないの??

立ち仕事は、疲れるしね。

では、一度鏡で自分の普段の表情をじっ…と眺めてみてください。

きれいな人でも、知らない人からこんな風に真顔を向けられたら…


こわいですよね。

どんなに顔の作りがきれいでも、
普段の顔=素の顔というものは「真顔」に見えてしまうもの。
お店にふらりと立ち寄ってきたお客さま=赤の他人がその顔を目にしたら、
どんな第一印象を持つと思いますか?


おそらく、
「なんだか愛想がないな」
「やる気がなさそう」
「ちょっと怖い」



そんな感想がほとんどだと思います。



そう、自分で思っている以上に、
自分の真顔、素の顔というものは、
素性も知らない赤の他人にとっては

「愛想が無い」
「不真面目な感じ」
「怖い」

といった、
ネガティブな印象を与えてしまうものなんです…!!

笑顔には慣れも必要! 最初は少しくらい引きつっていても大丈夫♪

鏡を見たら、顔エクササイズ!

最初はぎこちなくても、
毎日続けることによって少しずつ、自然な笑顔が身についていきます♪

例えるなら、そう、フィットネスや筋トレと同じ!

とにかくコツコツと練習し続けていくのが、自然な笑顔を手に入れるための一番の近道です。

鏡を見ながら笑顔トレーニングをすれば、自ずと表情筋もついてくる

まずは鏡を見ながら、口角をキュッと上げる所から始めてみましょう。
そこから目の表情をプラスしていくとやりやすいです。

どうしても顔の筋肉が突っ張ってしまう、という人は、
軽いフェイスマッサージも取り入れみるのもひとつの手。
フェイスラインもすっきりと引き締まって、一石二鳥ですよ♡

とはいえ、ずっとニコニコ笑顔でいる必要はないよね?疲れるし…

ちょっとくらいぼーっとしたって良い…よね

でももし、そんなダラけた姿をお客さまに見られていたら?

「店内にお客さまの姿が見えない時くらい、気のぬけた素の表情でいてもいいよね…。」
暇な時間帯には特に、そんな気持ちもわいてくるのかもしれませんね。

でも案外、
人の目はあちこちにあるものです。


道路沿いのお店の場合、
通りすがりで店内を何気なく眺めていく人は結構多いです。
そんな時に、気の抜けただらしない表情や姿をお客さまに見られていたら?


もし、あなたの勤務先がブランドイメージを大事にするお店だった場合、
そのブランドイメージがガタ落ちしてしまう可能性だって考えられます。



お客さまが不意に入店してくることもありますし、
そんな時にすぐに笑顔に切り替えられないと、
やる気のない店員、レベルの低いお店だなとみなされてしまうかもしれませんよ。

その何気ないしぐさも、
お客さまから見られてます。

じゃあ、店内にお客さまがいない待機時間、どう過ごすのが正解?

店内に誰もお客さまがいないのに、
全開のニコニコ笑顔でいるのはさすがにちょっと不自然です。

最適なのは、口元に微笑みをかすかに浮かべて、
お客さまが話しかけやすいやわらかな表情をキープしておくこと。

そうすれば、お店の前を通りがかっただけの人から見ても悪い印象は与えないはず!

どんなにきれいな姿勢でも、
ただ立っているだけではお客さまにとって入り辛い印象を与えてしまいます。


店内の備品や商品チェックなどをして
自然な動きをプラスしつつ、
あくまでさりげない微笑を口元に浮かべておくのがベストです。


でも、その際に
くれぐれも作業に熱中し過ぎて
お客さまに気付かない…ということがないように!

そう、お店はステージ! あなたは主演俳優!!

ステージ?! 俳優??
そんな大げさな?!

そう思われるかもしれませんが、
ショップの店員というのは、1人1人が皆、お店の看板を背負っているのです。

近年、ネットリテラシーを問われるような不祥事、
いわゆる「バイトテロ」が、あちこちのお店で問題になっています。

企業側にとっては、死活問題です。

ニュースを見ていると、
「なんでそんなバカなことを?」
と思う人もいれば、
「バイトだるいしね~、しょうがないよ」
と思う人も、いるのでしょう。


でも、

「自分の行動ひとつで、お店の信頼に泥を塗る可能性もあるんだ」

そんな心づもりさえあれば、不祥事を起こす気なんてきっと無くなるはずです。



お店そのものの魅力ももちろん大事ですが、

働いている人に笑顔がなく、感じの悪い印象しか与えないお店は

今の時代、そう長続きしないものです。

似たようなお店は、他にいくらでもある。自分の店を活かすも殺すも、全てスタッフであるあなた次第!

同じ商品やサービスにお金を出すのなら、
誰だって気持ちよく対応してもらえるお店の方に行きますよね?

どんなに魅力的な商品やサービスが揃っているお店でも、
スタッフのレベルが残念だと
その店でお金を使う意欲なんて
あっさり失せてしまうというものです。

笑顔さえ身に着けていれば、対人面でもいいことあるかも!

1 2