1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

今日はコンビニで飲んでこ…ポプラに全国初の立ち飲みバーがオープン!!

コンビニの中堅「ポプラ」が、全国初の「角打ち」ができる立ち飲みバーをオープンしました。一体どんなお店なんでしょうか。

更新日: 2019年03月07日

1 お気に入り 4079 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

コンビニの中堅「ポプラ」が、全国初の「角打ち」ができる立ち飲みバーをオープンしました。一体どんなお店なんでしょうか。

コンビニエンスストア「ポプラ」

中国地方を中心に関東・北陸・近畿・九州に店舗展開している。

店舗数は業界9位で全国的な知名度は決して高くないが、中国地方に限れば店舗数や規模などは三大チェーン(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)に次ぐ位置づけ

ポプラの弁当(通称:ポプ弁)はごはんの量がスゴいことで有名

ごはんの量を、小盛(200g)、普通盛(250g)、大盛(350g)、特盛(450g)の4つの内から選択。(大盛りまでは無料。特盛はプラス50円)

ポプ弁。温かいご飯を入れてくれるコンビニのポプラにてシウマイ弁当をご飯大盛りで購入。これで480円とかコスパ良過ぎ。 pic.twitter.com/WUUHZlEd4B

見よ!このごはんの量!

お店でごはんを炊くスタイルは「ごはんは炊きたて以上のおいしさはない」というモットーで始めましたが、食べる量は人や体調によって変わるので、これくらい食べたいというお客様の好みに細かく対応できるというメリットもありました。

そのポプラが、コンビニ内に立ち飲みスタイルの"角打ち"を始めたことが話題に

コンビニで買ったものをおつまみとして食べられる。

画像手前には、「じゃがりこ」が写っている

コンビニチェーンのポプラは6日、ポプラ博多駅前店(福岡市博多区)の店内に、立ち飲みバー「お酒の美術館」をオープン

コンビニで購入した食材をつまみに気軽に酒を楽しんでもらうことが狙いです。

そもそも"角打ち"とは?

酒を購入し、その場ですぐ飲むことのできる酒販店である。個人経営の小規模な店で、酒販店の一角にカウンターテーブルを備え、そこで飲むことができる形態

角打ち発祥の地と言われる北九州地域において、工場や炭鉱、港湾等で働く労働者が、仕事帰りに酒屋で酒を飲んでいたことが「角打ち」として定着した。

元々ポプラは酒類の卸をしていたこともきっかけの一つに

元々は、広島市中区流川にあった小さな酒類卸商だったようで、1974年にコンビニエンスストアとして、お酒以外も売るようになりました。

需要の掘り起こしを狙い、夕方以降の時間帯や女性客の取り込み策を強化。イートインコーナーは未成年者の利用も多く、飲酒を禁止する店舗が多いが「集客効果が期待できる」(ポプラ関係者)として手を組んだ。

Twitterでは早くも話題に

コンビニチェーンのポプラが店内に角打ちコーナーですって。

全国初、コンビニ“角打ち” 250種類のお酒提供 博多駅前のポプラ(西日本新聞) - Yahoo!ニュース お酒の美術館 朝テレビ(アサデス)でやってた。コンビニの商品をそのままバーに持って行ってお酒を飲む。会計は最後に一括で出来る。希少なお酒あり。 めっちゃ行きたい! headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-…

NEWDAYSやCISCAでも生ビール提供は行っているけど、こちらは店内の造りから提供品までかなり本格的。ふらっとコンビニへ寄ってウイスキーを嗜む……なかなか斬新 全国初、コンビニ“角打ち” 250種類のお酒提供 博多駅前のポプラ(西日本新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-…

#コンビニ #角打ち セブンイレブンはダメで ポプラなら良いらしい ゴミ問題が! とか 飲酒運転が! とか 騒がれて潰されたけど 結局 シレッと進めたもの勝ちかな? 酒屋から コンビニ経営に変わったオーナーも 少なくないから 増収に繋がるなら朗報かな? news.yahoo.co.jp/pickup/6316256

「これは角打ちではない」というご意見も...

1 2