1. まとめトップ

日本人トップは資産222億ドル!30代・40代『貯金ゼロ』が23%に驚きの声

雑誌フォーブスが長者番付を発表した。日本人トップのユニクロ柳井正社長は資産222億ドル。世界1位はアマゾンCEOのジェフ・ベゾスで資産1314億ドルだった。一方でSMBCコンシューマーファイナンスが金銭感覚が話題になっている。

更新日: 2019年03月07日

1 お気に入り 4164 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nobodyelseさん

雑誌フォーブスが長者番付を発表した

日本人はユニクロやジーユーなどで知られるファーストリテイリングの柳井正氏が222億ドルで41位。

43位にソフトバンクの孫正義氏が216億ドル、69位にキーエンスの滝崎武光氏が163億ドル、365位にユニ・チャームの高原豪久氏が49億ドル、379位に楽天の三木谷浩史氏が48億ドルでランクインした。

世界1位はアマゾンCEOのジェフ・ベゾス

アメリカの経済紙「フォーブス」が5日発表した、2019年版の世界長者番付で、ネット通販大手「アマゾン」のCEO(最高経営責任者)、ジェフ・ベゾス氏の資産額が1,310億ドル、日本円でおよそ14兆6,600億円となり、2年連続で首位だった。

一方で30代・40代の貯金ゼロの人が23%もいることが分かった

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、2019年1月7日~9日の3日間、30歳~49歳の男女を対象に「30代・40代の金銭感覚についての意識調査2019」の集計結果を公開した。

全回答者に、現時点でどのくらいの貯蓄ができているか聞いたところ、「0万円(貯蓄ができていない)」が23.1%となった。

2018年の調査結果と比較すると、貯蓄ができていない人の割合は、2018年17.1%→2019年23.1%と、6.0ポイントの増加となりました。

貯蓄額の平均は30代が前年4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円だった。

ネットではこの結果に驚きの声

昨日は『生命維持費』がトレンド入りしたのに今日は『貯金ゼロ』か。

トレンドに「貯金ゼロ」「透析中止」「生命維持費」が並んでて、そういう悲劇の物語を想像してしまう。

貯金ゼロとか景気悪化とかもう将来に希望が見えないトレンドになってる

普通に実家暮らしなら貯金はたまる一方ですがね。 都市部に近い人間ほど、貧しくなるのは都市経済の常だ。

貯金ゼロってまじかー、とか思いつつ、保険料やら年金やらでいろいろ引かれる額が高くなるのにそんな給料上がらないとそうなるわな。単に使いすぎってのもあるだろうけど

貯金ゼロって当たり前だろ…賃金は安い、上がらねえのに生活用品はやれ増税だ、原材料高騰で値上げだ、挙句消費税も増税だろ、生活破綻するっつーの

SMBCの調査で30〜40代の「貯金ゼロ」が23%に上昇したらしいですが、日銀の金融広報中央委員会によれば、これらの世帯の「貯金ゼロ」は民主党政権時代から大幅に悪化し、23%どころか40%を超えています。20代に至っては6割超という惨状です。政権の喧伝する戦後最長の景気回復など存在しません。 pic.twitter.com/uPWVp3XKXW

1