1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

森七菜がヒロイン…新海誠最新作『天気の子』ってどんな映画?

大盛況のうちに終了した新海誠展。見に行った誰もが期待する2019年夏の新海誠最新作『天気の子』ってどんな映画なのでしょうか?

更新日: 2019年03月07日

5 お気に入り 21918 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

・『君の名は。』でヒットを飛ばした新海誠監督

叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出した作品が、国内外を問わず多くのファンに支持された。

・最新作「天気の子」は2019年夏に公開される

新海誠最新作『天気の子』2019年夏公開決定 ! 新海誠監督最新作『天気の子(てんきのこ)』の制作が発表されました。 2019年7月19日公開予定、鋭意制作中です。皆様、応援よろしくお願いします! shinkaiworks.com/news/post-2916… pic.twitter.com/Te56SfEdtm

新海誠が監督を務める長編アニメーション映画『天気の子』が、2019年7月19日(金)に公開される。

「天気の子」は天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を選択する物語。

高校1年の夏、東京にやってきた家出少年・森嶋帆高(醍醐)は、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事を始める。そこで出会った不思議な能力を持つ1人の少女・天野陽菜(森)。2人は美しく切ない恋の物語を奏でる。

キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村篤
美術監督:滝口比呂志

キャラクターデザインを務めるのは『君の名は。』に引きつづき田中将賀さん。そして、『猫の恩返し』で作画監督補を務め、数多くのジブリ作品に携わってきた田村篤さんが作画監督を務めています。

・声優には18歳の醍醐虎汰朗、17歳の森七菜を起用

あけましておめでとうございます! 2018年ありがとうございました‍♂️ 2019年もよろしくお願いします pic.twitter.com/oJTXz6ZiV1

醍醐虎汰朗は舞台『弱虫ペダル』小野田坂道役

声優には18歳の醍醐虎汰朗、17歳の森七菜という新進気鋭の俳優が、約2,000人が参加したオーディションを経て抜てきされた。

離島から家出して東京にやって来た高校生・森嶋帆高を醍醐が、帆高が東京で出会った、“祈る”ことで空を晴れにできる不思議な力を持つ少女・天野陽菜を森が演じる。

醍醐さんは、「どんな作品になるのか僕自身楽しみです。公開をお楽しみに」とSNSでコメント。声優初挑戦だという森さんも、「素敵な作品に携わらせて頂けること、光栄です!!! 声優初挑戦!! みなさま、温かく見守って頂けると嬉しいです」

・森七菜の活躍っぷりは凄い

いま“シンデレラガール”と聞いたら、映画界では間違いなく女優の森七菜(もりなな)の顔が浮かぶ。

『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』(NTV系)出演中。映画『天気の子』『Last Letter』『東京喰種2(仮)』『地獄少女』などの注目作の公開が控える。

中学3年生のとき、地元・大分県の海鮮焼き屋さんで声をかけてもらったのがデビューのきっかけ。

・ 着想は『君の名は。』での経験から

「街中で作品の評判を聞いたりする中で、すごく大きな映画になったんだなと実感するようになった」と映画が公開されていた夏を振り返る。

そんなときに見た積乱雲の上で「ゆっくり休めたらいいな」と思っていた景色が今作のビジュアルにつながっていったと明かした。また「誰もが自分のものだと思えるもの」として「天気」をテーマにすることを思いついたとも語られた。

1 2