1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

思いやりが交通違反に…停車中の「ライト消灯」に注意したい

夜に信号待ちをしている時、周囲の車に配慮してライトを消すという「思いやり」行為がありますが、実はコレ交通違反になることがあるので注意が必要です。

更新日: 2019年03月07日

10 お気に入り 19226 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

信頼のおける情報を元に作成しています。

■夜、信号などの停車中、思いやりによりライトを消す

交差点などの信号待ち時に対向車や前走車へ配慮して、ヘッドライトを消灯し、スモールランプ(車幅灯)にしている人を見かけます

信号待ちの時、前方にも信号待ちの対向車が居たらヘッドライトを下げてスモール(車幅灯)にするのがマナー

周囲の車がヘッドライトを消すとなんとなく自分も消さないといけないのかなと思ってしまいます

■昭和の時代の名残という声も

停車時にヘッドランプをつけておけば、発電機(オルタネータ)への負担が増えて、バッテリーやエンジンにも影響を与えます

信号待ち(アイドリング状態)でヘッドライトを点灯していると、発電が間に合わずバッテリーが上がる恐れがありました。

もとはタクシー業界から生まれたものと聞いています。昔のクルマはアイドリング状態での発電能力が低く、さまざまな機器を積んでいるタクシーはバッテリーが上がりやすかった

■この停車中のライト消灯だが「交通違反」になることがあるので注意が必要だ

道路交通法では、「車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない」(第五十二条)

夜間、自動車が走行するにはヘッドライトを点灯しなくてはいけない。それは道路交通法で決まっていること

■なぜ点灯させなければならないのか?

ドライバーの高齢化などで、対向車がセンターラインを超えて反対車線に飛込んでくるという事件も増えてきた。そういう意味でもできるだけ自車位置をアピールしたほうがよく、ヘッドライトは点けておきたい。

特に、交差点の左右から曲がってくるクルマから見えづらくなるため、事故に巻き込まれる可能性が高くなる

ヘッドライトを消す行為は『思いやり』ではなく違反行為な上、周囲に対して視認性が悪くなるために想定外の事故やトラブルを起こす可能性がある

■これは知らなかった…

信号待ちライト消灯は実は違反←知らなかった ロービームも日本だけで違反とか。 ハイビー厶…

知らんかった普通に消してたわ気を付けよ(笑) 信号待ちライト消灯 実は違反 news.yahoo.co.jp/pickup/6316240 @YahooNewsTopics

えー!!嘘でしょ・・・ 信号待ちでスモールライトにしてたよ。。 思いやり行為…夜間の信号待ち「ヘッドライト消灯」 実は違反!? 普段やりがち「行為」が違反の理由(くるまのニュース) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-… @YahooNewsTopics

信号待ちのとき車のライトを消して停車するのは違反らしい。 今までの思いやりが違反だったことを知り地味に悲しむ。

かつて二輪に乗ってる時信号待ちで消してましたね その時すれ違ったパトカーに追いかけられて説教食らいましたよ 「後ろめたいから消してたんだろうライト!!」って バイト帰りで時間も遅かったので「これホントにお前のか!!」って このせいでいまだに警察は苦手です 免許更新でもビビるw twitter.com/69001231/statu…

■ライトといえば、室内灯をつけながらの走行にも注意したい

夜間に室内灯をつけて走行すると、明るい車内から暗い外が見えにくくなり、また、車内の様子が窓に映って外が見えにくくなることから、交通事故を起こす危険が高まります

1 2