1. まとめトップ

日本の女子中学生が不正プログラム?を書き込み補導!海外でも話題に!

日本の女子中学生が不正プログラムを書いて補導された事件について、さまざまな反応があったのでまとめました。

更新日: 2019年03月09日

1 お気に入り 2590 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

BKB250さん

不正なプログラム?を書き込み補導をされてしまった女子中学生

クリックすると同じ画面が表示され、消えなくなる不正なプログラムのアドレスをインターネットの掲示板に書き込んだとして、13歳の女子中学生が兵庫県警に補導されました

補導されたのは、愛知県刈谷市に住む中学1年生の13歳の女子生徒で、警察によりますと、インターネットの掲示板に、不正なプログラムのアドレスを書き込んだ疑いがもたれています。

このプログラムでは、クリックすると、画面の真ん中に「何回閉じても無駄ですよ〜」という文字や、顔文字などが表示され続けるよう設定されているということです。

書き込みを見つけた警察が、インターネットの接続記録を調べ、4日、補導しました。

調べに対し、いずれも容疑を認め、女子生徒は、「以前、自分が困ったことがあり、誰かがクリックすれば、おもしろいと思った」と話しているということです。

このプログラムは実は”実害がない”プログラムで補導はやりすぎとの声が

実際にそのURLをクリックすると、猫がパンチを繰り出しているアスキーアート(AA)と、「何回閉じでも無駄ですよ~ww」の文字などがダイアログで表示される。

このダイアログはブラウザの「OK」や「閉じる」ボタンを押しても消えないが、タブを閉じてしまえば消えるため実害はほとんどない。

このURLは、2014年ごろから掲示板やLINE、Twitterなどに繰り返し投稿されている有名ないたずらページだ。掲示板などでは、「超感動した」「これ面白いよ」といった誘導文言とともに投稿されるケースが多い。14年ごろには、いたずら目的でこのURLを貼ることが大流行していたようで、踏んでしまった場合の対策を説明したサイトも多数出ていた。

今回、このURLを貼っただけで補導や家宅捜索を受けたという報道に、ネットでは、「いたずら目的で実害もないのに、警察はやり過ぎだ」「犯罪とは思えない」といった批判が相次いでいる。

また、このURLのプログラム自体は極めてシンプルで、JavaScriptの基本機能を使えば簡単に書けるもの。「これが不正プログラムになるなら、閉じようとしても消えない広告も不正プログラムでは」といった声も出ている。

JavaScript記述型無限アラートは20年前にブラウザ側で対策されており、現在の基準・環境では正確にはブラクラに当たらない。このスクリプトによる直接的な実害はない。

兵庫県警サイバー犯罪対策課は4日、不正指令電磁的記録供用未遂の疑いで、愛知県刈谷市の中学1年の女子生徒(13)ら男女3人の自宅を家宅捜索した。 < 家宅捜索の前にJavaScriptのコード見たんかい?こんなものブラクラでもない。 pic.twitter.com/xeoOOdbaiQ

不正プログラム書き込み疑い補導|NHK 兵庫県のニュース www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/201… なんかもう全てにおいて周回遅れすぎてすごいな。ブラクラのURL書き込んだ児童を逮捕ってツッコミが追いつかない。人類史上初めて火を見て恐れおののいた原始人の反応を見ているかのよう。

ブラクラURL貼って補導の件の ←一般人の認識 →ネットそこそこやってる人の認識 pic.twitter.com/O6Hkar9D8s

これ、警察に失笑している場合じゃなくて本当にやばい状況なんじゃないかなあ。警察と一般市民の技術格差が広がりすぎて、警察はわからないものは全て逮捕する(しかもそれが正しい行為と信じている)しかなくなっているのではないだろうか。どうすれば是正できるんだろ。 www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/201…

【必見】兵庫県警も分からなかったブラクラの解除方法(iOS編) ZDNetのリンクに"don't access on a mobile device"とあるようにモバイル環境での解除は困難を極めました… しかし検証の結果、ブラウザーの戻るボタンを押せばブラクラが停止することを発見しました! PC同様タブを閉じてもOKです! pic.twitter.com/pAy8hPNxCv

兵庫県警が起こした無限アラート事件に対して全世界で非難の声が上がっています。そこで全国のサイバー犯罪対策課(通称:サイバー課)が起こした代表的な情弱事件を振り返ってみたいと思います。個人の記憶を頼りに書いているので漏れや誤りなどがあったらすみません。 #サイバー課 #最馬鹿 #兵庫県警 pic.twitter.com/i30xQ4qxkD

Googleの社員さんもこの件に苦言を

ちょっと待て✋ "クリックすると、画面の真ん中に「何回閉じても無駄ですよ〜」という文字や、顔文字などが表示され続ける" コード見てないけど…何度閉じても戻ってくるメルマガとか有料会員のお願いとかと仕組みは同じな気がするんだが… 不正プログラム書き込み疑い補導 www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/201…

インターネットにつながる・リンクをクリックするということは、みんな自分から進んでどこぞの馬の骨ともしらぬ輩が書いたプログラムをブラウザに入れて動かしている…というスキームを警察には理解していただきたい…。

ブラウザーはサンドボックスだということも紙芝居で説明できます。是非呼んでください。 pic.twitter.com/3u6j1VBwRn

知らない人のためにサンドボックスの説明をします

サンドボックスは、セキュリティ対策の一種として知られている物です。子供が遊ぶ「砂場」が語源となるサンドボックスは、プログラムを自由に動かせるボックスを用意して、攻撃されてもいい仮想環境を構築します。

その隔離された仮想環境の中で、未確認のファイルや疑わしいファイルを動作して動きに異常がないかを分析します。分析を行う際に、サンドボックス内でファイルのプログラムが暴走したり、悪質なマルウェアがデータに干渉しようとしたりしても、サンドボックス内であれば外の重要なデータに影響を与えることはできません。

このような仮想環境を構築する仕組みで、サンドボックスはシステムを不正なプログラムから守っています。

海外でも話題に!

1 2