1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

圧倒的画力に引き込まれる…漫画家・Boichiのオススメ作品7選

「第22回文化庁メディア芸術祭」大賞を受賞した漫画家・Boichiのおすすめ漫画をまとめました。(ORIGIN、Dr.STONE、Wallman―ウォールマン―、サンケンロック、ラキア、究極宇宙味帝シーザー、Boichi 作品集 HOTEL)

更新日: 2019年03月10日

35 お気に入り 36517 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sryamaさん

◎『ORIGIN』

西暦2048年、東京。北半球はユーラシア鉄道で接続され、あらゆる犯罪がこの極東の巨大都市へと流れ込んでいた。闇の中で毎夜のように発見される、人間業とは思えない惨殺死体。

ちなみに現在、ヤンマガで連載してるBoichi氏の『ORIGIN<オリジン>』が面白いのでおすすめ。シリアスとギャグの緩急も絶妙で話的にも今のところ全然ダレてなくて飽きさせません。人間社会に紛れて "ちゃんとに生きよう" とする主人公ロボット「田中(オリジン)」がとにかくいいキャラしてるのですよ

Boichi先生のORIGIN面白いです。 やっぱりロボットものとエスパーものがマンガでは好きですなー…。 しかし青春兵器もこの路線に行けたかもなあと思うと笑いがこみ上げる……

そして今週のORIGINは本当に最高だった。雪、海、荒涼、少女、男、恋、愛。boichi先生の、吐く息の温もりすら感じるほどの圧倒的な画力で描かれる、純愛が、本当に心に染みるようだった。切なさに身を切られるような漫画になってた。人間ってなに?愛ってなに?本当圧倒的。

◎『Dr.STONE』

一瞬にして世界中すべての人間が石と化す、謎の現象に巻き込まれた高校生の大樹。数千年後――。目覚めた大樹とその友・千空はゼロから文明を作ることを決意する!!

本当Dr.STONEは始まってからずっとノンストップではちゃめちゃに面白いの同化してると思うわ。 何気ないシーンでもエモさ全開で展開出来る稲垣先生のネーム力とBoichi先生の圧倒的な画力と演出力がガッチリ噛み合いまくってる。

『Dr.STONE』1巻読了(・ω・) 人類滅亡から数千年後の世界で目覚めた高校生二人が文明社会復活を目指す科学アドベンチャー?面白いと噂だったので読んでみたら本当に面白かった。週ジャン連載してんすね知らんかった(;・∀・) 漫画チックな設定満載だが科学蘊蓄も満載。唆るぜこれは! pic.twitter.com/msKeVKPPwU

今週の新連載の『Dr.Stone』面白い!ジャンプの新連載で1話目からワクワクしたのは久しぶりだ。完全に開き直った天才キャラと体力バカキャラという設定も分かりやすくて良い感じだ #週刊少年ジャンプ

◎『Wallman―ウォールマン―』

冴えない中年男性・空島次郎は、ある日突然、ナミと名乗る女性とルームシェアをする事に。彼女の目的は何者かに殺された“父親の仇”を討つことだった!

わい完全にBoichiさんの信者になる 進撃の巨人のもっと面白いver.です やっぱり画力と構成が上手かったら読んじゃうよね是非Wallmanをどうぞ pic.twitter.com/7DLUxbzO89

Boichi著「Wallman」2巻読了。スナイパーの話です。お色気とアクションを描かせたらboichi先生の右にでる者なし! pic.twitter.com/NFKOf4KlIq

Boichiのウォールマンめっちゃ好き絵上手すぎるかっけぇ 何よりテンポも作画も速い早い ✌=͟͟͞͞✌( ‘ω’ )✌=͟͟͞͞✌

◎『サンケンロック』

好きな女の子を追って、ひとり韓国へと渡ったケン!なぜか地元のギャングに気に入られギャングの仲間に、そしてボスに!?日本を飛び出した男が韓国で成り上がる!

『サンケンロック』が面白い。筋肉濃度、愚直なまでに剛直な主人公のカッコよさ! pic.twitter.com/6A8qnOpO3P

サンケンロック1巻読了、面白い。スラムダンク、クローズから定番のようになった劇画&ギャグハイブリッドタイプ?の現在形です。(たぶん発祥はバロン吉元かと)しかしこの作品はギャング物なのにストーリーの根幹部分すらギャグだったりするので斬新です。この漫画がすごい!

サンケンロック読んで来た。日本の駄目不良が韓国に行って弱小ヤクザのボスになって成り上がる話。面白い。

◎『ラキア』

20世紀終わり、アメリカ、ネバダの砂漠で、暴走するトレーラーが、ある家族の幸せを奪った。悲惨な交通事故で、ただ一人生き残った少女・葉月ルナは、死体安置所で、謎の怪物と契約を結ぶ。

『ラキア』は司ちゃんに似た美少女が世界を滅ぼす悪魔の力を持っていて云々…Boichi先生の画力が高すぎて強すぎて、昔っからBoichi先生の絵は素晴らしすぎたんだなあ!という感じ!マイケル・ベイ監督にハリウッド映画化してほしい!といえばわかりやすいかも?

Boichi・矢島 正雄『ラキア』3巻、講談社。グノーシスとカトリックの闘いをものすごいスケールで描く。20世紀少年が日常の亀裂から大事件を描いていく日本的な作品だとしたら、こっちはハリウッド映画。ただひたすら壮大。そしてB級。

漫画ラッシュ!boichi氏の「ラキア」購入。「HOTEL」でもとりあげられた黙示録がテーマ。絵のインパクトが凄い!藤田和日郎くらいすごい。

1 2