1. まとめトップ
  2. ガールズ

おしゃれで個性的♡ 秋冬も真似したい海外セレブの「ハイライトヘア」スタイル

オフィスOKなスタイルも!海外セレブのおしゃれなハイライトヘア・グラデーションヘア・バレイヤージュヘアまとめ。

更新日: 2019年09月09日

24 お気に入り 25887 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

□ お仕事仕様のハイライトヘアならミランダ・カーがオススメ♡

ミランダ・カーがレッドカーペットで披露したコンサバティヴかつグラマラスなこのボブスタイル。実は、こっそり細かなハイライトが入っていて・・・

バングスやインナーに細かく入れたハイライトが、髪をかきあげたり、巻いたりすると顔を覗かせて、ヘアスタイルにアクセントを加える仕様に。

髪色に馴染んだこのハイライトは大人女子が真似できるハイライト。派手になりすぎずにヘアカラーでおしゃれを格上げしてくれる。

□ お仕事仕様のハイライトにはこちらもオススメ!ミラ・クニススタイル

ダークトーンのブルネットにうっすら入るオレンジで軽さを維持。「髪は明るくできないけど軽さは欲しい」ならミラ・クニスはお手本になる♡

こちらは2011年のSAG Awardsスタイル。ブルネットがブラウンのヴァレイヤージュに。

□ アクセント的に入れるならハンナ・デービスのハイライト

ファッションモデル・ハンナ・デービスのハイライトは、顔周りのみに入れたアクセントスタイル。顔周りに明るさを加えてロングスタイルを華やかに見せてくれる。

□ がっつり入れてもOK!それならジェニファー・ロペスがお手本♡

いつもハイ&ローライトをふんだんに入れた立体的なヘアでショーに華を添えるグラデーションヘアの女王。彼女の切りっぱなしボブはたっぷりのハイライトと、対をなすローライトでユニークな仕上がりに。

ハイライト効果で遠目でもかなり明るい髪色になります。

□ ヴァレイヤージュはイザベル・グラールがきれい

ファッションモデル、イザベル・グラールのハイライトは毛先にかけてたっぷりと入れていくヴァレイヤージュスタイル。

毛量のあるウェーブに軽やかさを加えるハイライトが美しい。

バッグスタイルではトップとボトムのトーンの差がわかりやすい。もともとブルネットの彼女は、毛先にかけてのグラデーションがコントラストになってより映えるヘアカラーに。

□ しっかりコントラストのヴァレイヤージュならヴァネッサ・ハジェンズをお手本に

ティーンアイドル出身のヴァネッサのヴァレイヤージュは、ブラウンからブロンドへ、耳の高さで切り替えるボブスタイル。

色の境目がわかりやすく、自己主張のあるヘアースタイルに。

□ ハイライトを目立たせたいなら大胆に入れるビヨンセスタイル

シンガーのビヨンセが2008年のグラミー賞で披露したのは、トップスは大胆に・ボトムはロートーンで陰影をつけたハイライトスタイル。

表面にトーンの違うハイライトを複数入れて、明るさを出している。

□ 目立ちたいならハイライトかつカラーを入れて

お目立ちカラーならリタオラの太めイエローハイライト。

生来のブルネットに陰影をつけるイエローで、簡単に華やいだ雰囲気に。

モデルのエリザ・ホスクは顔まわりを中心に太めのピンクハイライトをオン。ベースはブロンド。

1 2