1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

作業服は「5800円」…ゴーン被告の保釈姿に様々な声

日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の保釈時の変装劇。保釈を担当していた高野隆弁護士が3月8日、自身のブログで騒動を謝罪しました。

更新日: 2019年03月09日

7 お気に入り 14896 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●保釈されたカルロス・ゴーン被告

会社法違反(特別背任)と金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の罪で逮捕・起訴された日産自動車(7201.T)の前会長カルロス・ゴーン被告

6日に計10億円の保釈金を納め、東京都葛飾区小菅の東京拘置所から保釈された。東京地裁が定めた

●起訴内容否認の被告が保釈されるのは極めて異例

争点や証拠を絞り込む公判前整理手続きが始まっていない段階で、起訴内容を否認している被告の保釈が認められるのは極めて異例。

●ゴーン被告の「変装姿」に海外も驚きの声

手の込んだ「変装」に驚きの声が上がったカルロス・ゴーン被告(64)の保釈劇。一夜明けても波紋が広がっている。

映像を見たパリ市民は「変装なんて彼らしくない」「彼が本当にあの恰好を選んだの?」と苦笑した。

カルロス・ゴーンの変装の比喩に 農民に化けてヴェルサイユを脱出しようとしたルイ16世 労働者と服を取り替えてプロイセンの目を誤魔化そうとしたナポレオン3世を持ち出してくるあたり やはりフランスメディアはさすがだ(しかも全部失敗)

●ゴーン被告変装の裏側が明らかに!

カルロス・ゴーン被告(64)の保釈から一夜明けた7日、ゴーン被告が保釈時に着用した作業服を提供した埼玉県内の建築会社代表取締役を務める60代男性が日刊スポーツの取材に応じた。

作業服は、弁護団の高野隆弁護士(62)から頼まれ、男性が上下5800円で購入したものを貸したと証言。

ゴーン被告が保釈時にかぶっていた作業帽を作った埼玉県川口市の鉄道車両整備会社「日本電装」の関係者は「テレビで見て本当に驚いた。全く関係がなく、正直言って迷惑」と話した。

●3月8日、高野隆弁護士がブログで謝罪しました

高野隆弁護士は8日、変装を計画したのは自身だとブログで明らかにしたうえで、「ゴーン被告の名声に泥を塗る結果となってしまった」などと謝罪した。bloom.bg/2EK3uRK pic.twitter.com/esUzIR6TR6

保釈を担当していた高野隆弁護士が8日に自身のブログを更新して「私が計画して実行した」と明らかにしたうえで、「それは失敗しました」と述べました。

「名声に泥を塗る結果となってしまった」と謝罪しました。

●ネットでは、「ゴーン被告の変装姿」が反響を呼んでいる

NHK、ゴーンさんのニュースがトップか、と思ったら変装について長々と…。作業服まで特定してわざわざ店に取材。誰得なんだよ。まとめサイトかどっかでやれ。 pic.twitter.com/qi2jytmKqd

3,746件のリツイート 7,152件のいいね

拘置所から保釈されたゴーン容疑者。正しいなら背広姿で堂々と出ればよいものを。用意周到に清掃員に変装してコソコソと。しかし、何より驚いたのはゴーン氏の小男ぶり。あらゆる企業の頂を目指して一連の事件を企てたのは、全てこの劣等感を克服するための所以か。広中弁護士の剃刀の切れ味に注目。

デヴィ夫人がツイート

今日、医院の待合室でTV見ていたら、ワイドショーがゴーン前会長の昨日の「変装」についてその服はどこの製品だとか、帽子はどこから持ってきたかとか、乗ったライトバンはどこの車だとか、まるで内容のないどうでもいいことばかりで時間を埋めていた。改めて日本のTVのレベルの低さを痛感させられた。

1 2