1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

沢尻エリカら豪華キャストで大河ドラマ『麒麟がくる』が楽しみ

長谷川博己主演の2020年大河ドラマ『麒麟がくる』の第一次追加キャストが発表。本木雅弘が、主演を務めた1998年大河ドラマ『徳川慶喜』以来22年ぶりに出演するほか、門脇麦、岡村隆史、石川さゆり、西村まさ彦、高橋克典、上杉祥三、尾美としのり、沢尻エリカ、染谷将太、堺正章、伊藤英明ら豪華キャスト。

更新日: 2019年03月15日

5 お気に入り 32530 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆長谷川博己主演の2020年大河ドラマ『麒麟がくる』

俳優の長谷川博己(42)が主演する2020年放送のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」(日曜・後8時)。

ヒロインの夫を演じる18年後期の連続テレビ小説「まんぷく」(18年10月~19年3月)からの“朝ドラ~大河”の“連投”となる。

◆大河ドラマ史上初めて明智光秀を主人公 全く新しい解釈で描く

大河ドラマの原点に戻り、戦国初期の群雄割拠の戦乱のなか、各地の英傑たちが天下を狙って、命をかけ愛をかけ戦いを繰り広げる少し前、青春時代から描く「ビギニング物語」にして「一大叙事詩」。

史料がほとんど残っていない20代の明智光秀の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く。

「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影、従来とはまったく異なる新しい解釈で英雄たちを描き、「大河新時代」の幕開けを目指す。

◆第一次追加キャストが発表 沢尻エリカは念願の初大河

沢尻エリカ(前列左)

新キャスト発表会見が3月8日(金)に行われ、門脇麦、岡村隆史、石川さゆり、西村まさ彦、高橋克典、上杉祥三、尾美としのり、沢尻エリカ、染谷将太、堺正章、本木雅弘、伊藤英明の出演が明らかになった。

沢尻エリカ(32)が大河初出演することが決まった。演じるのは「帰蝶=きちょう(濃姫=のうひめ)」斎藤道三の娘(母は正妻・小見の方)。

沢尻は「芸能生活20周年目にしてやっと、大河に出演することができました。本当にうれしく思います」と喜んだ。

◆ナイナイ岡村は『チコちゃん』のおかげ⁉で大河デビュー

大河初出演となるの岡村は、光秀が美濃で出会う三河出身の農民・菊丸。神出鬼没で、敵か味方かわからないが、常に光秀の危機を助ける役どころを演じる。

大河初出演に、「チコちゃんの大ヒットのおかげ。歴史の勉強を始めたのですが、しなくていい、考えなくていいと(言われた)。ボーッとしている状態です」と笑顔。

自身が出演する同局の人気番組「チコちゃんに叱られる!」に絡めて、笑いをとっていた。

◆織田信長には染谷翔太 斎藤道三には本木雅弘が扮する

光秀が企てた「本能寺の変」で自害に追い込まれた織田信長役には染谷将太(26)が決まった。物語の冒頭となる「美濃編」から出演する。

◆ネットでは早速反響

んんん? なかなかいいんでないの?? 麒麟が来るのキャスト・・

麒麟が来る、信長は染谷将太くんか〜〜沢尻エリカさまの濃姫、楽しみすぎる!

1 2