1. まとめトップ

新宿ストレスクリニックでうつ病治療|うつ、TMSとは?

近年増えているうつ病ですが、はっきりと目に見える病気ではないため気づかないうちにかかっている場合があったり、治療法もどんなものがあるのか意外に知られていません。そんなうつ病治療の中でもTMSという治療法が受けられる新宿ストレスクリニックについて調べてみました。

更新日: 2019年10月16日

3 お気に入り 2048 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dt38xさん

うつ病とは?

うつ病とはどんな病気なのでしょうか?ふんわりと心の病気かなと思っている人は多いと思います。私もそう思っていました。精神的な部分もなりますが、その心(精神)をつくりだしている部分がうつ病の原因となっていたのです。

「うつ病」とは「脳の機能低下に伴い、日常生活をまともに過ごせないほど感情が極端に落ち込んでしまった状態」のことを言います。

人は誰でも、著しく憂鬱な気分になることがあります。とはいえ、何事もなければ、しばらく経つと気分はまた晴れやかに戻ることでしょう。
しかしそれがいつまで経っても回復せず、以下のような症状が見られることがあります。

気持ちの浮き沈みなどが2週間以上続く場合はうつ病の可能性が高いとのことです。2週間以上となるとかなり長い期間です。少しでも気持ちに異変などがあればすぐにセルフチェックなどを行いましょう。

うつ病の原因は?

知っているようで知らないうつ病の原因ですが、未だはっきりとは解明されていないようです。ですが、わかってきていることは神経のバランスの崩れや血行や代謝が関係しているようなのです。

うつ病の原因は、実はいまだにはっきりとは解明されていませんが、過度なストレスの影響で脳の中の神経伝達物質のバランスが崩れたり、脳の血行や代謝が衰えたりすることが大きく関係していると考えられています。自律神経の機能やホルモンの分泌の低下も原因のひとつと言われています。

はっきりと病気の原因はわからないものの、年々うつ病の発症率は増えているそうです。なので、うつ病についての正しい知識を身につけ早期発見と根本的な治療が求められています。

うつ病の早期発見をする

うつ病の症状は以下の通りです。

● 極端な体力の低迷(すぐに疲れてしまうといった症状も含みます)
● 記憶力の低下
● 偏頭痛や腹痛ほか、体の一部の痛み
● 極端な睡眠不足、あるいは過度な眠気
● 食欲減退、あるいは過度な食欲推進
● 体重低下(正常通り、食事を繰り返していても起こり得ます)
● 自殺願望の進行

あてはまるものが多ければ、うつ病専門のクリニックへまずは足を運びましょう。
早めに気づき、早めに治療を行えば早く良くなる可能性もあるからです。

うつ病の症状や状態などこちらにも詳しく更新されていますので、ぜひ気になる人は一度チェックしてみてください。

光トポグラフィーとは?

新宿ストレスクリニックで扱われているうつ病検査の光トポグラフィーですが、いったいどのようなものなのでしょうか?
うつ病検査というと医師の診断のみイメージが強い人も多いと思います。しかし、今では医師の診断とあわせて最先端の機器を使用して総合的に正確な診断を下すことができるのです。
そういった検査を新宿ストレスクリニックでは受けられるのです。

光トポグラフィー検査とは先進医療技術のひとつで、近赤外光を用いることで脳の血流を測定し、健常・うつ病・統合失調症などをグラフパターンから判別することができる検査方法です。

これまでうつ病は医師による問診のみで判断されてきましたが、光トポグラフィー検査が生まれたことにより、検査結果と問診をあわせた判断、そして治療方針を決めれるようになりました。

光トポグラフィー検査は現在、うつ病の人はもちろんのこと、自分はうつ病かもしれないと疑いがある人にも有効な手段です。また、抗うつ薬の服用を行っていてもなかなか効果が出ず、正確な症状を検査したいという方にも人気です。

うつ病はほかの病気と同様に初期段階で治療を始めたほうが治りが早いと言われています。重度になればなるほど治療時間が圧倒的に長くなり、完治するまで困難を極めます。そのため悪化する前に早期発見することがとても大事な病気なのです。

先進医療技術ということもあり、光トポグラフィー検査を実施しているクリニックはまだまだ数が少ないのが現状です。

新宿クリニックでは予約をすることで光トポグラフィー検査を受けることができます。

初めてでも行きやすいクリニック

・病院、医師の紹介状が必要である
・ほかの検査を含めた内容でないといけない(光トポグラフィー検査のみを受けることができない)
・入院しなければ光トポグラフィー検査を受けることができない
・光トポグラフィー検査を実施している病院、クリニックで治療をしている患者のみが対象である
・光トポグラフィー検査を実施している病院、クリニックで初診を受け、診断結果によって光トポグラフィー検査を受けることができる(診断結果によっては光トポグラフィー検査を受けられない場合がある)

この他にも各病院・クリニックで光トポグラフィー検査を受けるためには必要な条件が多々あります。

ですが、新宿ストレスクリニックでは以下の体制が整えられています。

・病院、医師の紹介状が必要ではない
・光トポグラフィー検査のみを受けることができる(医師による問診を含む)
・光トポグラフィー検査を受けるのに入院する必要はない
・新宿クリニックの患者でなくても光トポグラフィー検査を受けることができる
・初診の診断結果に関係なく、光トポグラフィー検査を受けることができる

TMS(磁気刺激治療)とは?

TMS(磁気刺激治療)とはどんなものなのでしょうか?
薬に頼らない新しい治療法です。TMSのすごいところは7つの特徴です。

①うつ病の約8割が軽症化
②うつ病の原因とされる脳の機能を改善
③薬に依存しない新たな治療方法
④薬の服用より治療期間が短い
⑤副作用がほとんどない
⑥1回の治療時間はわずか20分
⑦治療コース終了後もメンテナンスで再発予防

うつ病治療と聞くと長い間病気と闘わなければならないイメージが強いですが、このTMSでは薬で治療するよりも短い期間でうつ病の8割が軽減をしています。1回の治療も20分程度なので長い拘束時間もないというのは嬉しい点です。新たな治療法を試してみたいという方にもぴったりだと思います。

うつ病専門クリニック

1 2