1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

則本が骨折で前半戦絶望、菅野がオープン戦大炎上…相次ぐエースの不振に波乱の予感

いよいよプロ野球が始まりました。まだオープン戦ですが、エースに波乱が起きて話題になっています。相次ぐエースのトラブルがあり、去年と違った結果になりそうな予感です。また、阪神はオープン戦いまだ0勝で、今後の動向に注目しておきたいものです。

更新日: 2019年03月09日

3 お気に入り 5102 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

2019年も遂にオープン戦が始まった!!

オープン戦は2月23日(土)に沖縄での3試合で始まり、3月24日(日)まで計101試合が予定されています。

プロ野球界はオープン戦がスタートし、各球団が3月29日のペナントレース開幕へ向けて着々と準備を進めている。

一部の球団では開幕投手が決定し、開幕1軍入りやレギュラーの座を争う熾烈な競争が、ここから約3週間にわたり展開されていく。

また投球回数制限もありません。WBCなどのような投手の制限はないので投げたいだけ投げられますが、オープン戦は各選手のキャンプで練習した力を証明する場でもあります。

しかしいくつかのチームのエースが不振に見舞われている

楽天則本昂大投手(28)がコンディション不良のため2軍落ちすることが4日、球団から発表された。

今季の開幕投手の最右翼だったが、ここまで実戦登板を行っておらず、調整遅れは必至。離脱によって開幕はほぼ絶望的となった。

東北楽天ゴールデンイーグルスは8日、エースの則本昂大投手が11日に右肘のクリーニング手術を受けると発表した。前半戦の復帰は、ほぼ絶望的とみられる。

楽天にとって洒落にならない。

三回に3失点。四回にも3失点を許すなど、4回9安打6失点とまさかの大炎上となった。

前回2日のヤクルト戦で3回を完全投球したエースが、京セラドームで別人のような投球をした。去年7月21日の広島戦で5回6失点して以来の大量失点となった。

阪神はオープン戦5連敗で0勝、読めなくなった2019年だ!!

中日は11日、松坂大輔投手が数日前にファンと接触した際に右腕を引かれ、その後、右肩に違和感を覚えているため、しばらくの間ノースロー調整が続く予定だと発表した。

松坂に加えて、2軍調整中のドラフト1位ルーキー根尾昂内野手も加入し、連日多くのファンが詰めかけている中日キャンプ。一方で、一部ファンのモラルを問われる行為もあり、4日には球団公式HPで転売目的でサインを求める行為に及ばないように「お願い」する文章も掲載していた。

たかがオープン戦。されどオープン戦。まだ序盤だが、もうシーズンへの不安を露呈しているのが阪神だ。最下位脱出のテーマは得点力不足の解消だった。

「オープン戦、楽天7-1阪神」(8日、倉敷マスカットスタジアム)阪神が楽天に大敗を喫し、これでオープン戦は開幕から5連敗となった。

64年ぶりだった昨年に続き、オープン戦開幕から5戦5敗。依然として最下位で、12球団で唯一、いまだ勝ち星がない。

様々な声があがっている

これは大ショック❗ 最近怪我人が多いと思ってたら とにかく焦らないでしっかり治してという他はない #楽天イーグルス #rakuteneagles 楽天 則本昂が右肘手術へ 全治は未定も、前半戦は絶望的(スポニチアネックス) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190308-…

菅野はこの時期炎上して欲しくないんよね いつも開幕から2~3試合に炎上してその後無双状態に入るから、炎上は開幕までにとっておいて欲しい 今炎上されると、絶対修正されて開幕から無双状態になってしまう

1 2