1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

片付けが上手な人は、部屋を片付けるコツや散らかさないためのコツを知っています。

1.最低限のものでシンプルに

部屋にたくさんものがありすぎて汚くなることはあっても、少なすぎて汚くなることはありません。

きれいな部屋を目指していると、必ずここに行き着きます。

「シンプル」とは「きれい」を意味するのです。

2.出したものはすぐに片付ける

片付けの習慣を身につけるには、“使った後”が大切になります。あなたはものを使った後、適当な場所に置いていませんか?

片付けのプロたちも唱える、片付けの鉄則です!とにかく出したものは元の場所へ帰してあげましょう。それだけで部屋が散らかることはなくなります。

3.鉄則、目につくところにものを置かない

表に出ているものが多いと、ほこりも溜まりやすくなり、掃除が大変だからとさらに散らかっていき・・・負のスパイラルに。

リビングやダイニング、玄関など人の目につくところに置いておくと、それだけで生活感が溢れておしゃれな部屋作りの妨げに。

4.床に物を置かない

「床に物を置かない」と言うのは風水では基本です。

床に物が置いてあると良い気が家の中に流れないということです。

床と机の上には物を置かないと決めることで、部屋に余分に物を増やさないようにすることができます。

たったこれだけを意識してみるだけでも、
片付いた部屋の状態をキープしやすいのです。
そして、たったこれだけでも部屋がスッキリして見えます。

5.いらないモノは手放す

片付けの苦手な人の多くが、最も苦手とすることの一つが「手放す」ことではないでしょうか。

身の回りの物を整理していくと、段々と気持ちが軽くなっていきます。できるところからいらない物を捨てることで、幸せを倍数で積み上げていくことができるのです。

6.家具の色を白に統一して綺麗な部屋へ

ソファやカーテンなど、メインとなるアイテムや家具が白で統一されパッと明るいお部屋も憧れますよね。

白が持つ清潔感&開放感を利用して、のびのびとリラックスできるお部屋作りを始めましょう。

7.物を置く場所を決めて収納する

1 2