1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ATMを撤去…至る所で進む「パチンコ依存症対策」に注目が集まってる

ギャンブル依存症…中でも多くを占めるパチンコ依存症に注目が集まっています。

更新日: 2019年03月09日

12 お気に入り 40314 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼遊戯人口の減少、規制などで厳しくなっているパチンコ業界。

パチンコ業界は斜陽の一途をたどっている。日本生産性本部が公表した『レジャー白書2018』によると、2017年のパチンコ参加人口は、前年と比較して40万人減の900万人。さらに帝国データバンクによれば、パチンコホール経営業者の倒産は2018年10月末時点で20件

今すぐ業界が危機に瀕することはなくても衰退が続くなかで迎える東京オリンピックの前後で“トドメ”を刺される可能性はおおいにある

▼そんな中、パチンコ店内にあるATMを撤去する方向に。

政府は7日、ギャンブル依存症対策に関する2019年度から3年間の基本計画案を公表した。競馬場やパチンコ店からのATM(現金自動受払機)の撤去や、顔認証システムによる依存症患者らの入場制限などが柱。26日まで意見を募集し、4月に閣議決定する。

ATMは18年末現在、中央・地方競馬場や場外馬券売り場に計11カ所あり、全国約1100のパチンコ店にも設置されている。キャッシング機能の廃止や上限設定など既存の対策では十分でないとみて、19年度以降、全面撤去に踏み切る。

▼パチンコ店内にATMが設置されているのを知らなかった人も。

っていうかパチンコ屋にATMついてたのか(知らなかった)

▼確かに便利かも知れない…でも、使いすぎ、借りすぎの原因にも。

全国10000店舗程度あるパチンコ店のうち、約10%の店舗内にはATMが設置されている。遊技客の利便性を図り設置されたものであるが、2007年の設置当時から少なからず批判の声が聞かれた。

ATM行くと余計な金をおろしてパチスロ行きたくなる不思議。 いや、不思議でもなんでもないなw

おかしいなあ さっきATMで2万おろしたのに パチンコ屋にちょっといただけて 半分になっちゃったぞー? おかしいなあー?

負けが込み当初の軍資金が尽き、「あと1万円!」と勇んでコンビニATMに向かう際、町の人波の中で夜風に当たれば、ふと「これ以上使ったらやばいかも」と我に返る瞬間がある場合もある。

今朝のニュースで。 パチンコや競馬場のATM排除。 俺の経験から。 昨年、初めて新潟競馬場行った。 で、遊び過ぎて財布が空になってしゃあないATMで降ろすって時にこの競馬場にATMがない。 係員に聞くと競馬場の外400メートル先のコンビニにあるって。 それで冷静になって帰る事にしました。

4年くらいぶりに パチンコ打ったけど 花の慶次で1時間経たずに 財布の中の全て12000円なくなったけん パチ屋のATMで金下ろして さらに打つと見せかけて 帰るよ! やっぱりパチンコ怖い!

▼撤去に対し、ネットからも様々な声があがっている…。

これで依存症対策になるの?
もともと金額制限あるはず…その他の声も。

パチンコ店内に設置されているATMを、依存対策の為に撤去? 依存対策用のATMだったと思ったけど。 ( ̄▽ ̄)

パチンコ店ATM撤去のニュースのコメント欄が殆ど『パチンコ屋を無くせばいい』って言うコメントばかりで自分は正直がっかりした。

パチンコのATM設置を禁止する動きがありますが、意味はありません。徒歩で移動できる位置に銀行やコンビニATMがあります。そういう立地を選んで出店されてます。

パチンコ業界は換金禁止にするべきだと思う。依存症対策としては1番効果的。もちろん倒産する企業も出るが、元々がグレーゾーンですのでやはり明確に違法という位置付けにするべきだと思う。まだ、atm撤去だけでは対策としては不十分ですね。Iカジノ優先の政府ですので思い切って規制掛けるべき。

1 2