1. まとめトップ

賃貸よりも持ち家の方がお得な理由!今買うべき愛知の家10選!

そろそろ賃貸を卒業してマイホームをお考えの方に向けて書いたまとめです。

更新日: 2019年05月09日

1 お気に入り 842 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

設計事務所やハウスメーカー、不動産会社に勤め、20年近く住宅関連の業種に携わってきました。そんな私が感じていること、考えていることを素直にまとめた記事です。どうぞご覧ください。

PaperKさん

なぜ賃貸に住むのか?

どんな時に賃貸に住もうと思うのでしょうか?
学生であれば、大学や学校に近いアパートなどに住む方も多いでしょう。
社会人になりたてなら、まだ収入が安定しない時期であれば、会社への通勤を念頭に、“とりあえず”賃貸に住む方も多いでしょう。
結婚したら、2人もしくは3人で一緒に暮らせる賃貸を“とりあえず”借りて、子供が大きくなったら家やマンションを買いたいと思っている方が多いでしょう。

社会人以降の方々は、“とりあえず”賃貸に住むという方が多いように感じます。
「すぐ引っ越す予定だから」「給料あがったらもう少しいいところへ」「子供が小さいうちはまだ賃貸で」など、とりあえずの理由は様々あると思います。
けれど、実際には10年以上賃貸に住み、家賃を払い続けている方が多いです。
賃貸とはいえ、一旦住み始めると、そこでの生活に慣れてしまったり、引っ越すことが面倒になったり、愛着がわいてきたり、給料の額や結婚のタイミングなど描いていた未来予想図通りには行かなかったり、あっという間に子供が大きくなって学区を変えたく無くなったり・・・
賃貸生活から抜けられず、家を買うタイミングがどんどん遅れてしまっていませんか?
家賃は返ってきません。もったいないと感じたことはありませんか?

若いうちにローンを組もう!

定年までに35年の住宅ローンを返済するなら25歳、65歳までに返済するにしても30歳で住宅ローンを組まなければならない。しかし、若くしてローンを背負っても返済してしまえば、その後は少額の負担で済むのが持ち家のいいところだ。男性の平均寿命は82歳、女性の平均寿命は88歳なので、65歳の実質定年以降の人生は17~23年もの長期に及ぶのだ。とても家賃は支払えないだろう。

頭金なし、低金利で借りれる現在では、ローンを組むのは、早いに越したことはないですね。

資産が増える家を買おう。

給料がなかなか上がらない時代、コツコツと貯金をするよりも、若いうちに物件を持つほうが資産形成のうえでよっぽど有利なのだ。

そのために最も大事なのは、自宅の「資産性」である。資産性とは、「いつでも売却でき、貸したら賃料でローン返済が賄える」ことを指す。

資産形成できるマンション、住宅を選びましょう。

家を買っても、住み替えればいい!

「なぜ、独身のうちに買わないのか?」という時代になる!
私は25歳で住宅ローンを組むことをお勧めしている。そのため、この際、「結婚・出産などの世帯構成が確定してからマイホームを買う」という考え方はいったん捨てよう。結婚前に5~10年間、1人で持ち家に住んで、結婚の際に住み替える。

住み替えることに抵抗がある方は多いが、変化する家族構成に合わせて住み替えていく方法を知ってほしい。

やっぱり持ち家の方が得をする。

持ち家が将来を安泰にする「14の理由」とは?
日本の若者が直視しなければならない、住まいに関係する現在までの事象と、ほぼ確実な未来を挙げておこう。

・日本の持ち家率が非常に高いのは、持ち家促進税制で優遇しているからだ
・持ち家と賃貸では、超低金利と優遇税制で持ち家が圧倒的に有利である
・直近10年間の持ち家と賃貸の資産格差は3400万円に及ぶ
・都市圏の単身者の約半数が地方出身であり、実家が首都圏にない
・定年は60歳で、ほとんどの人に退職金は出ない
・定年後再雇用を希望すれば65歳が実質定年になるが、年収は約半分に下がる
・年金支給年齢は68歳が検討されており、金額も多くはない
・90歳までは生きる可能性が高い
・まともな賃貸に住み続ける財力・年収が老後にはない
・定収のない高齢者は、賃貸の入居審査で落ちることが多い
・実家に帰っても、居場所があるとは限らない
・実家は築年が耐用年数を超えていて、住むには状態が悪い
・社会人の間に培った友達は、働いてきたエリアに集中する
・老人ホームに入るには、かなりの現金が必要となる

日本は持ち家応援国家なのだそうです。

あなたは家を買うべきか診断

単身時代から積極的にマンションを買うことを、私は「家活(いえかつ)」と名づけた。就活が終われば、婚活より家活を優先したほうがいい。その家活にどの程度向いているかの診断項目が、以下の10の質問だ。5つ以上該当するなら、家を買うことを今すぐ考えたい。

【質問事項】
□年収が400万円以上ある
□休日は一人で過ごすことが多い
□ペットが飼いたい
□田舎よりも都市に住んでいたい
□社宅や住宅手当が月3.5万円以上ない
□情報収集力に自信がある
□やりくり上手である
□向上心が強い
□他人に甘えられることが多い
□生活レベルを下げられない

チェックしてみよう!

家賃がもったいない!と感じたら検討すべき家10選。

1 2

関連まとめ