1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

やはり「白い恋人」に似ていたのがいけなかったのか!?「セレッソの恋人」発売中止へ…

世の中には様々なパロディーというものがありますが、昨今発売された「セレッソの恋人」が話題になっていました。しかしライバルチームの商品をもじったということで、批判の声があがりなんと1日もたたないうちに発売中止になって話題になっています。このことに様々な声があがっています。

更新日: 2019年03月09日

6 お気に入り 10789 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

セレッソが発売した商品に様々な声があがった

チーム名に大阪が入っていることから、もちろん大阪府にあります!
大阪府内の「大阪市」と「堺市」がホームタウンです。

もちろん、私は「大阪といえば、セレッソに決まっているやん!」と思っています(笑)。
だからこそ、大阪ダービーは盛り上がるんでしょうね。

一時期、セレ女などで多数の女性サポーターが多くなりましたが、今でも多くの女性がサポーターだと思います。チームカラーがピンクで、桜(の花)がデザインに入るグッズが多く華やかなグッズが多いのも人気の一因かもしれません。

だからこそ恋愛に関する商品が出たのかもしれません。

同商品は、Jリーグ「コンサドーレ札幌」のトップスポンサー・石屋製菓の人気商品「白い恋人」をパロディ化したもの。

北海道の有名みやげをほうふつとさせるネーミングの「セレッソの恋人」は、セレッソ大阪のロゴデザインとキャラクターがプリントされたクッキーと、3層ラングドシャの2種。

「忖度まんじゅう」などを手がけるヘソプロダクションから3月9日に発売の予定となっていました。

権利上は問題がなかったようだが

深い意味はないと信じたいものですが…

C大阪は7日、販売を予定していた公式グッズ「セレッソの恋人」の販売を中止すると発表した。

このたび販売を予定しておりました公式グッズ「セレッソの恋人(プリントクッキー・ラングドシャ)」ですが、商品販売における権利上の問題はございませんが、皆様からのご意見を頂戴し、協議した結果、販売を中止いたします。

また2018年末に、札幌のエース・都倉賢がC大阪に完全移籍したことも、一部サポーターの怒りに繋がっているとみられる。

やはりどうしても白い恋人をイメージしてしまうようだ

コンサドーレ札幌は12日、札幌市内での新チーム初披露イベントで新デザインのユニホームを発表した。4325人のサポーターにお披露目した。

胸のロゴはスポンサーの石屋製菓の商品名「白い恋人」表記だったが昨季、北海道命名150周年記念ユニホームでも採用された「ISHIYA」表記に変更された。

かつて吉本興業が「面白い恋人」を発売したことで裁判沙汰にもなっている。

北海道名物の菓子「白い恋人」を製造販売する石屋製菓が、吉本興業の「面白い恋人」の販売差し止めを求めて訴えていた裁判は、先週13日(2013年2月)に和解が成立した。

「ちょっと微妙だった」が、「デザインを変え販売場所の住み分けで、パロディとして成立しやすくしたことは納得できる」と評価している。

どちらの場合でも話題になるというのはそれだけ商品がでかいということなんですね。

様々な声が…

セレッソの恋人、この一文を見てケンカ売ってるとしか思えない pic.twitter.com/KN7QBmI5nW

セレッソといえばガンバカラーのニットマフラーを発売しようとした過去があります。 セレッソの恋人といい、商品開発アホ過ぎるだろう。セレサポに同情するわ。 pic.twitter.com/7eEdpg0agR

フォロワーの人に教えてもらったんだけど、セレッソの恋人 これは許せん。石屋製菓と道民をバカにしすぎだ。 石屋製菓はコンサのメインスポンサーだよ。 そこの商品パクるとはセレッソはコンプライアンスとかないのか?Jリーグはそれを認めるの? heso-pro.com/event/190308-2/

しかし商品販売停止まで札幌サポの怒りと執念はすごいな。「セレッソの恋人」って聞いた時に最初に頭に浮かんだのはガンバ大阪の事やったけど、今はお前ら(札幌)の事で頭がいっぱいやわ。愛してるぜ、この野郎。Fuck you!!☆

セレッソの恋人、こんな商品を作ってしまったセレッソ大阪は責任をとって監督を大熊清に代えるべきだ pic.twitter.com/WywImRJiQP

1 2