1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「即位礼正殿の儀」に恩赦が行われる事が話題に…なんと26年振りで様々な声があがっている!!

「即位礼正殿の儀」の際に恩赦が行われることがわかりました。26年振りの事で、前回は1000万人に及ぶ人に影響が与えたようです。実際には懲役を受けた人や死刑囚が出るというわけではないようですが、賛否両論の声があがっています。とはいえ、新時代が楽しみですよね。

更新日: 2019年03月09日

13 お気に入り 45031 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「即位礼正殿の儀」に合わせて恩赦が行われる。なんと26年振り!!

政府は、皇太子さまの即位に伴う今秋の「即位礼正殿の儀」に合わせて恩赦を実施する方針を固めた。

皇室の慶弔事に伴う恩赦は1993年の皇太子さまと雅子さまのご結婚以来、26年ぶり。

昭和から平成への代替わりの際には、89年2月の昭和天皇の大喪の礼、90年11月の天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせて計2回の恩赦が実施された。

恩赦は「国家刑罰権」を消滅させ裁判の内容を変更させる制度で、憲法に基づき天皇が内閣の助言と承認の下で行う国事行為の一つだ。

有罪判決の効力を失わせるなどの「大赦」、特定の人の有罪判決が無効となる「特赦」、「減刑」、「刑の執行の免除」、有罪確定で停止された公民権などの資格が回復する「復権」の5種類がある。

実施方法は対象となる刑や罪などを政令で決めて一律に対象者を救済する「政令恩赦」と、本人の申請に基づいて中央更生保護審査会が審査する「個別恩赦」に分かれる。

退位の際には恩赦は行われない

●4月30日
・退位礼正殿の儀(たいいれいせいでんのぎ)…退位を国民に知らせる儀式。三権の長や国民を代表する人々が参列。

●5月1日
・剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)…歴代天皇に伝わる剣や勾玉などの神器を新天皇が引き継ぐ。
・即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)…三権の長ら国民を代表する人々と会い、新天皇が初めて声明を発表する。

●10月22日
・即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)…各国の元首ら代表者の前で、新天皇が即位を公に宣言する。

この日に恩赦が行われるわけです。

昭和から平成への代替わりの際には、89年2月の昭和天皇の大喪の礼、90年11月の天皇陛下の即位礼正殿の儀に合わせて計2回の恩赦が実施された。

どんな恩赦が行われるのか?

2019年5月1日、30年ぶりの改元で密かに注目を集めているのは、1993年の皇太子ご成婚のとき以来の「恩赦」の規模だ。

対象については今後検討するが、過去には選挙違反者の救済などで批判が出ており、議論を呼びそうだ。

昭和から平成に元号が変わった、昭和天皇が崩御した際の「大喪の恩赦」(1989年)では、有罪判決を受けた経歴が消滅する「大赦」が約2万8600人、有罪確定で失ったり停止されたりした資格を回復する「復権」は実に約1014万人に上った。

翌年、今上天皇の「即位の恩赦」でも約250万人が復権しており、合わせて人口の1割にも達する規模で“皇室の慶弔”の恩恵が行き渡った。

では「刑務所から受刑者が出てきたのか」といえばそうではない。

ほとんどは交通法規違反者や公民権停止中の選挙違反者です。私は昭和天皇の崩御の当時、刑務所の課長でしたが、殺人や強盗のような、被害者のいる事件の受刑者が恩赦の対象になることはありませんでした

なら安心ですね。

様々な声があがっている

たしかに新天皇が即位すると恩赦があるが、あれは普段素行の悪いヤンキーが猫を拾うと褒められるようなもので、いつもきちんと犯罪もおかさず生活している我々に何もないのは不公平だと思う。新天皇の御威光を遍く万世に照らすためにも1人当たり100万円ずつ振り込んでもバチはあたるまい。

恩赦、反対だな。選挙違反者の復権ばかりだし、事情を見て恩赦相当なケースがあるなら、天皇陛下即位と関係なく普段から仮釈放や刑の免除の制度をきちんと作るなり運用するなりすべきだよ。 天皇即位、秋に恩赦へ 26年ぶり、退位時は実施せず(朝日新聞デジタル) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-…

1 2