1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ほぼ続編、シリーズもの!テレビ朝日「春ドラマ」が独り勝ちしそうな件

視聴率が期待できる人気シリーズを多く持ち、ドラマ好調なテレビ朝日。2019年4月期春ドラマはさらに徹底され、ほぼ続編、シリーズもので、視聴率的には一人勝ちしそう!?『特捜9 season2』、『科捜研の女19』、『緊急取調室 第3シーズン』、『家政夫のミタゾノ3』、『東京独身男子』。

更新日: 2019年03月18日

7 お気に入り 28251 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆ドラマ好調で視聴率三冠王を狙うテレビ朝日

かつてテレ朝といえば報道番組だったが、昨今は“ドラマのテレ朝”へとイメージも変わりつつある。

最近では、視聴率でもドラマが好調な同局だが、とくに刑事ドラマ枠やミステリー枠の人気は固く、数字も安定しており、ドラマ視聴率ランキングでも上位が定位置になっている。

視聴率の計算が立たない新ドラマを放送するより、固定ファンのいる既存ドラマのほうが確実に視聴率は見込めます。テレ朝は局が一丸となって三冠奪還を目指しているので、今後はこれまでの人気番組を中心にした手堅い編成になりそう。

◆実際、昨年のドラマ視聴率はテレ朝が圧勝

2018年のプライム帯の民放連ドラがすべて終了した。局別では『相棒』(水谷豊主演)、『科捜研の女』(沢口靖子主演)などの人気ドラマシリーズを多く抱えるテレビ朝日が平均13.4%で、昨年の13.0%を上回り、断トツでトップを守った。

2018年の年間ドラマ視聴率ランキングが確定した。上位10位までをテレビ朝日とTBSが占める結果となった。

テレ朝が5作品

「シーズンものがその強さを遺憾なく発揮した1年だったと言えるのではないでしょうか。地道に視聴者の視聴習慣をつけてきたテレ朝の1局勝ちでした」(テレビ誌ライター)

◆春ドラマもほぼ続編、シリーズもので高視聴率は確実!?

▼『特捜9 season2』(水曜夜9時)

V6・井ノ原快彦主演の人気ドラマ『特捜9』が、4月7日(日)21時からスペシャルドラマで復活し、さらに4月10日から連続ドラマ『特捜9 season2』(毎週水曜、21:00)が4月10日からスタート。

同ドラマは、故渡瀬恒彦さんの主演で2006年に始まった人気シリーズ「9係」の後継作。渡瀬さんとコンビを組んでいた井ノ原が主役を引き継ぎ、特捜班の班長役に寺尾聰(71)を迎えてスタート。平均視聴率14.0%と高視聴率を記録した。

シーズン1で、巡査部長ながら主任を務めた浅輪直樹(井ノ原)が、シーズン2の第1話で、五級職警部補に昇進。これで名実ともに主任となり、特捜班のメンバーとも新たな関係を築いていくことになる。

▼『科捜研の女19』(木曜夜8時)

沢口靖子演じる法医研究員・榊マリコを中心とした癖のある研究員たちが、各自の専門技術を武器に難事件の真相解明に挑むシリーズ第19弾。

2018年10月18日から同年12月13日まで、連続ドラマのシーズン18が放送された「科捜研の女」(テレビ朝日系)。全8話の平均視聴率も関東地区では12.5%を記録するなど、変わらぬ高い人気。

最新作でも最先端な科学捜査と、人間ドラマが絡み合うミステリーを展開。共演は内藤剛志ら。脚本は今回も戸田山雅司、櫻井武晴のダブル体制で、初めての通年放送となる。

▼『緊急取調室 第3シーズン』(木曜夜9時)

ドラマ「緊急取調室」第3シーズン4月に開始、天海祐希らキントリメンバー集結(コメントあり) natalie.mu/eiga/news/3226… #天海祐希 #緊急取調室 pic.twitter.com/Kfm9Q6mbWG

天海祐希が主演する刑事ドラマ『緊急取調室』の第3シーズンが、4月期のテレビ朝日系木曜ドラマ枠(毎週木曜 後9:00)で放送される。

本作は、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーと共に、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる姿を描く。

2014年1月期に第1シーズン、15年9月27日にスペシャルドラマを放送。そして、17年4月期に第2シーズンを放送し、初回から17.9%の高視聴率でスタートすると、同クールの民放連続ドラマ1位となる平均視聴率(14.1%)を記録。

脚本の井上由美子をはじめ、田中哲司、でんでん、小日向文世、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二らが再集結する。

1 2